« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

地球儀

木曜日、再発注した地球儀、さっそく届きました。

小さいけれど勝手に回るというやつでそこそこの値段。

でも相当格好良い。

銀色のやつなのですが、完全に大人な雰囲気のオブジェ。

これが今年の娘の誕生日プレゼントです。

毎年なのですが、自分からのプレゼントって誕生日当日ではなく、届いたらあげちゃってます。

別にもったいぶるものでもないですし、サプライズでもないので。

なので昨日の夜、娘と一緒にどこに置くか決めたりしました。

これまでの誕生日プレゼントは、自転車、壁掛けの時間勉強用の時計、腕時計。で、今回が地球儀。

娘は「ながいあいだ つかえるものが おたんじょうびプレゼントなんでしょ」と言ったりしていますが、自分があげるものはそういうコンセプト。

今のところ、どれも娘は飽きずに、って自転車飽きたり時計に飽きたりするわけもないのですが、普段の生活の中に溶け込んでしっかりと役立っているようなので、間違っていない、と思ってはいます。

ドッグラン

水曜日、夕方の散歩で小学校の近くにある今の家をリフォームしている間、自分と妻が住んでいたアパートのところにキャンピングカーがあり、それを見たいなと娘が言うので、その道を通りました。

キャンピングカーは下田に旅行に行ったときに娘に停まっているのを見ながら教えてやって、娘は興味があるのです。

なので散歩のときにそこを通っては「あれっ?きょうはキャンピングカーないね」「おでかけ したのかな?」とか言っていたり。

この日、そこを通ったらキャンピングカーの停めてある駐車場のすぐ裏の庭で犬の鳴き声が。

飼い主さんは顔見知りで、ちょうどこの日は保育園からの帰りの自転車で犬の散歩中にすれ違いあいさつした人でした。

そこの犬はスタンダードプードルとレトリバーのミックスで7か月なのにすでに25㎏ほどあるという大きな犬。

その方がそこに住んでいたのです。

ご夫婦で一緒に庭から道に犬を連れて出てきてくれたので八斗を遊ばせつつ話を聞くと、そのアパート、どうやらペット可ということになっていると。

自分らが前に住んでいたところの横なのですが、その頃はまだなかったので、妻とも「またアパート増えたね」なんて言っていたのですが、そういうものだったとは。

さらに驚くことに、その横の駐車場に停まっていたキャンピングカーはそのご夫婦のものでした。

娘は中を見せてもらって大喜び。

さらにさらに、アパート入口の方に小さいですがドッグランもあるという。

そこで八斗も遊びました。

そのドッグランは、前に自分らが住んでいた部屋の真向かい。その頃は畑だったんですが、こんな形で前に住んでいた部屋を眺めるとはというポジションでした。

八斗は大型犬の子犬の勢いに完全に押され逃げ回って、コーナーに追い詰められて意気消沈。。。

助けてあげたら自分に飛びついて。

相手は大きいけど子犬。

特に乱暴なものでもなく大はしゃぎなだけなのですが、八斗はそういうのに慣れていないのでびっくりしたんでしょう。

でも怒ったりせずにというのは八斗の性格。

怖がり過ぎて切れてしまって、とならないのは良いところ。

そんなことをしていたら時間はあっという間に過ぎてしまい、家に帰るのは大幅に遅れてしまいました。

でも、こういうイレギュラーは娘のためにも八斗のためにも楽しみ切らないと、なので問題なしですが。

再発注

火曜日、ヨドバシにて頼んでいた娘の誕生日プレゼントの地球儀が9月12日~25日ぐらいに届けられるというメールが。

もともと在庫がないので手配するというものだったのですが、あまりに遅い。

ということで娘に相談したら別の色ので良いということになり、再発注をしました。

「9がつじゃ ぜんぜん おたんじょうび じゃないからね」

と娘は言っていましたが、色が変わってもそんなに不満ということもなさそうで。

コラショ

子どもチャレンジにて1年生用のものを先にくれる、という継続してもらうための戦略に見事に乗っかった娘に、先週末に1年生用の教材とおもちゃが届きました。

コラショというランドセルの妖精という肩書のキャラの目覚まし他、ワークなんかも届き、娘は喜んで勉強したり、ゲームしたり。

日曜日は珍しく疲れを癒すということで自主的に昼寝をして迎えた月曜の朝。

娘の部屋は照明が目覚ましになっていて、それに加えてコラショの目覚まし時計も鳴りという状況に。

でも、そのおかげで娘は一人で起きて着替えてリビングまで降りてきて。

コラショ、なかなか活躍してくれそうな予感です。

2016年7月25日 (月)

渋い

最近、娘は「しぶい」という言葉を使ったりします。

それ自体がかなり渋いんですが、昨日の日記も「しぶいの かいたよ」と言っていました。

娘は、昨日は近所の神社の盆踊りでフランクフルト、焼きそば、かき氷、〆にポップコーン、前日は近所の小学校のお祭りでフランクフルトと焼きそばのセット、しかも友達がフランクフルト要らないというので2本食べたということで、そんなのを書くのかな?と思っていたのですが、そうではなかったようです。

で、何を書いたかといえば、「おとうさんが よる しごとの でんわをしていた」と。

いつも娘には「将来の自分にとって残しておきたいことを書くんだよ」と言っているのですが。。。

まあ、そういう判断をしたというのも将来見たら面白いでしょうから、それはそれで良いのですが。

2016年7月24日 (日)

歓喜と落胆

昨日、スイミングスクールから帰ってきた娘は玄関で嬉しそうに「ほし もらったよ‼」と教えてくれました。

これ、進級するともらえる帽子に付ける星マークのことです。

つまり、娘は早くも進級しAクラスになったということ。

幼児はABCの3クラスしかないので、これで一番上になりました。

もともと体験のときのレベルでCクラスを飛ばしてBスタートとなり、保育園で一緒の子を追い抜かしていたのですが、今回は先にBクラスにいた子たちを抜かしたのです。

一緒に合格して次に進む子は娘と一緒の保育園の子で、下からBクラスに上がったのも娘の保育園のクラスの子2人だったとか。

それでいろいろと話を聞きました。

今日はいつもの先生が休みで、違う先生で練習が大変だったこと。

娘ともう一人の合格の子はビート板を使わずに練習をしたこと。

先生が「みんな座って待ってって」と言って練習終わりに待ち、そのとき先生が帽子に星を2つ付けて戻ってきて「これは先生のじゃありません」とふざけたこと。

そして星をもらえるこの発表があり、まずはもう一人の子がもらい、ドキドキする中、次に星をもらえたのが娘だったこと。

とそれはそれは楽しい話だったのですが、この続きを聞いたら娘が急に落ち込みました。

「もうひとりのときは みんな はくしゅしたのに いくの ときは だれも はくしゅ してくれなかった…」

これ、確かに落ち込むのもわからなくはないです。

でもなぜなんだろう?というのを娘と話しました。

自分が思うに、他の子たちは娘以上にショックで拍手どころじゃなかったということじゃないかと。

みんな自分じゃないかな?と期待している中、あとからスイミングスクールに入ってきた子が合格。

そりゃ、みんなショックで拍手どころじゃないでしょう。

ということを娘に話したら、娘はちょっと納得していました。

先生から祝福は受けたもののクラスの子からの拍手がなく落胆しつつも、合格した手ごたえに喜んでいた娘ですが、幼児の間にAよりも上のクラスはないので、小学校に入るまででは、これが最初で最後の合格。

「がんばったら いいこと あるからね」

と努力して報われるという実感を得たこと、しっかりと覚えていて欲しいなと思います。

計画変更

金曜日、せっかく娘が作った予定でしたが、さっそく変更に。

理由は、サッカー観戦をしたいとのことだったのですが、行けそうなのが娘の夏休み最終日となっている14日の夜だったため。

そこで急きょ15日まで休もうか?ということになり、1日増えたから。

ということで、今年の夏、娘は10日間の休みとなります。

無理をしない程度に予定を組んで、楽しい思い出をいっぱい作ってくれたらな、と思っています。

夏休み計画

木曜日、夏休みの計画が大きく動きました。

前に自分が印刷してあげていた予定表を娘が埋めて妻も呼んでの家族での話し合いを持ったので。

ごぜん、ごご、よる、という3つに分かれている9日間の予定表を娘が書きこんだのですが、夜には「おいしいもの」と書いたり、妻の実家へのお泊りを書いたり、ウォータースライダーのあるプールを書いたりという中に「おとうの くるまに のる」というのも。

これ、自分のビートルに娘も乗って近所をドライブするということ。

自分のは旧車なためチャイルドシートを付けられない、正確に言えば改造すれば付けられるのですが改造なので義務はなく、そのまま子供を乗せてもしょうがないというルール適用外のものなので、危ないから娘を乗せることはなかったのですが、先日の洗車後のエンジンをかけてというときに助手席に乗ったときに、本当の道をこの車で走りたい、と娘が言ったから。

念のためにすいている早朝に近所をちょこっとだけならという条件にしたのですが、それも夏休みの予定に書いていました。

まだ完成はしていませんが、これで目処が立ちました。

2016年7月21日 (木)

痛い

昨日の夕方の散歩で娘が歩くのが異常に遅かったので「どうしたの?疲れてるの?」と聞いたら「おしりの うしろのところが いたいんだよぉ」と。

どうも汗をかいて蒸れて、しかも擦れて痛くなっているような感じでした。

30分の散歩の間中、娘は遅れがちでしたが最後まで頑張り、帰ってすぐにお風呂にして、風呂上りに薬を塗ってあげました。

完全に赤くなっていて、これ、大人でも痛いと言うな、というぐらい。

夜、日記の絵が残ってしまっているので描いていた娘でしたが、「あのさ ジュウオウジャーいんさつ してもらったけど にっき おすしのこと かいてたよ」と。

ゴーストは見事完成だったのにジュウオウジャーは不要だったようで。

でも、印刷したのが気に入っているから飾ると言っていました。

ひとり風呂

火曜日、娘は突然に一人でお風呂に入りたいと言い出しました。

もうずいぶんと前から一人で体や頭を洗ってとしっかりできているので、やらせてあげることに。

娘がお風呂に入っている間は自分はリビングで八斗を出して遊んでやって、何かあればすぐにお風呂に行けるようにして。

結果、特に何事もなく娘はちゃんと出てきました。

まあ、初めてだから緊張していたと言っていましたが、その緊張感があれば問題はないでしょう。

慣れて緊張しなくなったらっていう方が心配です。

サッカー

3連休の最終日だった月曜日、妻と娘と3人で近所の公園でサッカーをしました。

最初はコミュニティーセンターの体育館で遊ぶ予定だったのですが、あいにく休館だったので。

娘は妻に上達した姿を見せたかったようで奮闘。

妻は加減ができずに、強いか弱いか両極端なボールを蹴り、強いボールを手で止めて娘は泣きそうになったり。

逆に娘がドリブルで取り合いなどを妻とやったら妻は走るのつらくて娘にダメ出しされてたり。

自分は球を拾ったりパスしたりと楽ちんでしたが。

夜、ショーを連続で見に行って、日記の絵を描くのが間に合っていなかった娘が自分のところに来て「ジュウオウジャーとゴーストの え いんさつ してくれないと かけない」と。

なので、それらを印刷してあげたら娘は一生懸命に絵を描いていました。

が、一生懸命過ぎて、この日はゴースト一人しか描けず。

翌日以降にスペクターとジュウオウジャーは持ち越しとなりました。

ジュウオウジャーショー

日曜日、朝、早起きをしてジュウオウジャー、仮面ライダーゴーストを見て、部屋で一緒に遊んで、11時半前に自宅を出発。

前日と同じく市役所に行き、この日はジュウオウジャーショーを見ました。

前の日に歩き回っていたときに娘はジュウオウ・ザ・ワールドのお面が欲しいと言っていて、でも値段を見たら700円もすると。

なので前日夜にネットで調べたら、Amazonでは2000円以上という値段。安い卸しのところを見つけたら400円ですが送料が600円という。

ということで、現地にて買ってあげることにしました。

娘はちゃんと自分で「ザ・ワールドください」と言ってお金を払ってお買い物。

それからお面を被ってお祭りの会場を歩き回り、前日と同じ場所にて見ました。

前は仮面ライダーゴーストの方が好きだったのに今ではジュウオウジャーの方が好きなそうで、前日以上に楽しんでいました。

見る前に、芝生の横の方なら見れるけどどうするか?と聞いたら昨日と同じところが良いと言っていて、だからそこに行ったのですが、帰り道では「もうすこし ちかくで みたかったなぁ」とか言ってました。

この日、妻は高校のときの友人との飲み会のため14時半に家を出て夕飯時は不在ということで、娘と一緒に夕飯を食べにも行きました。

娘が今回選んだのはお寿司。

今までくら寿司とかのような回転ずししか行っておらず、今回は回転ずしでありつつも自身で板さんに注文をできる店をチョイス。

最初は恥ずかしがっていましたが、途中からは楽しくなったようでいっぱい注文して、お店の人に「よく食べるねぇ」と驚かれていました。

そして夜、寿司の食べ過ぎでのどが渇き、水をがぶ飲みした娘は「きもちわるい」と言っておう吐。

でもちゃんとトイレに行ってだったのでほめてあげました。

これもまた勉強。

美味しいからって食べ過ぎないということを次に活かしてほしいものです。

仮面ライダーゴーストショー

土曜日、仮面ライダーゴーストショーに行きました。

もともと、今年の夏の予定を娘が考え始めたとき、ジュウオウジャーショーがあるから熱海に行きたいと言っていて、そんなの都内であるじゃん、という話になり、調べたら市役所にてやるということを見つけたので。

この日は仮面ライダーゴーストショーでしたが翌日はジュウオウジャーショー。

ということで2日間とも娘と行くことにしたのです。

天気も良く、自転車で行くことにしましたが混み合いそうなので娘は後ろに乗せて。

10分ほどで到着。

時間はスタートの45分前。

商工会主催のお祭りなので、出店もいっぱい。

そこで焼きそばを買って食べてショーの場所取りに。

でもステージ前の芝生は敷物をしいた家族連れですでに満員。

建物2階のテラスから見ることにしました。

娘はとても楽しそうで、あっという間にショーは終わり。

そのあとで娘はスイミングスクールがあるために13時終了と同時に家路につき、帰ったらすぐに準備して妻と一緒に出掛けて行きました。

夜、さすがに疲れたようで、日記を書きながらうとうとと寝てしまっていた娘。

ベッドに入ってもあっという間に寝付きました。

逃走

金曜日、娘と一緒に八斗を病院に連れて行きました。

その帰り道、リードが自分の手首からするりと抜けて八斗が逃走。。。

自分は迷わずダッシュ。

サンダルを脱ぎ捨て裸足でアスファルトの上を。

30mほど先に犬がいて、八斗はその様子をうかがうためにスピードダウン。

そこで捕獲。

向こうの飼い主さんは落ち着いていて、というか脱走中と気づいていなかったのかも?ですが、「かわいい顔ですね」と八斗をほめてくれてたり。

その間に自分のサンダルを拾って娘が到着。

油断するなと娘に散々言っていますが、完全な油断でした。。。

2016年7月15日 (金)

いやだ

昨日、熱が落ち着いたので娘は登園。

でも薬はある。

朝、薬が嫌で拒否。

自分に叱れれて泣いて妻が救済。

牛乳に溶いてどうにか飲めたようで。

夜には「おとうじゃなくて ぱぺぇとのむ」と言って同じようにちゃんと飲みました。

熱は完全に下がりましたので、これで一安心です。

病院へ

水曜日、熱が少しだけ上がってきて、一度だけ38度台に。

ということで7時過ぎに病院を妻が予約してとやったら10時過ぎまで予約でいっぱい、とのこと。

予約が10時15分しか取れず、妻は出社し自分が娘を連れて行くことに。

それまで娘は大人しくベッドで寝転がって、寝れるように頑張るという約束で9時45分に目覚ましをセット。

が、全然寝る様子はなく、布団で起きたまま。

9時45分、自分の携帯を目覚ましに置いておいたのですが、間違えてバイブにしたままだったのに、娘はそれを手に持って自分の部屋に。

全然眠れなかったんだなと思ったのですが娘は「うとうとしたよ」と。

まあ言っているだけで寝れてなかったので準備をすぐにしてくれて病院へ。

病院に着くと、確かに混み合っていました。

問診票を書いて持っていたら娘が「これ ださなきゃ いけないんだよ」と教えてくれたので、「じゃあ、自分で受付に行って渡してみなよ」というと、恥ずかしがりながらも持って行けました。

先生が2名体制で回していたのに30分ほどかかりました。

どうも最近は、理由ははっきりしない発熱が多いとか。

娘もそのたぐいっぽく、熱中症気味?というのもありそうな。鼻血も突然に何度か出てましたし。

ということで、今度は薬局へ。

ここも混んでいるというか、手際が悪く進まないというか。

なんと薬局で1時間待ち。。。

今回、娘はそれほど体調が悪いということではないから良かったですが、これで高熱とかだったら?と思ってしまうほど。

帰ってきてお昼ご飯を食べて薬を飲んで。

今回の薬、粉末シロップ系のが混ざっていて、その甘さが娘には厳しいようで、コップに戻してしまったりもありましたがちゃんと飲んで午後はしっかりと休みました。

夜、ここのところ、八斗が嫌がるのでなかなかやれていなかった八斗の爪を短くする作業に娘とチャレンジ。

八斗を自分が抱きかかえ、娘が八斗の爪をヤスリで削る、という新スタイルでやったら、八斗は嫌がらずにかなりしっかりとできました。

とりあえず、娘は若干熱はあるものの、そんなのができる程度ですので、薬飲んでれば治るだろうな、という感じです。

火曜日の朝、娘の体温は37.5度ありました。

今年に入って初めての体調不良。

週末遊びまくったこと、気温が高い日が続いていることなど考えれば仕方ないですが。

自分は午前中に打ち合せがあり、妻が午前中は娘と一緒にいて、帰ってきたらベッドで二人で双六してました。

そこまで体調が悪い、という感じでもなかったのですが熱は上りもしないかわりに下がりもせずでした。

夜、一緒に寝てあげるときは、昼間に寝たためになかなか寝付けず、理想のどんぶり、理想のサンドイッチを順番に言っていくとかやって遊び、寝付けたのは22時過ぎになってしまいました。。。

新アイデア

月曜日、お迎えに行ったら娘はちょっと寂しい顔でほとんど話さず。

友達とケンカしたとか先生に怒られたとか?と思って聞いたら「おとう と いっしょに りょこうに いけないのが かなしいんだよ」「おとう に あうと それを おもいだして かなしくなるんだよ」と。

自分が旅行は中止、行かないと言ったときに娘は泣きながら「かぞく3にんで いきたいよ」と言っていましたが、これ自分は怒っているのでもなく。

今年のテーマは娘が考えること。

だから娘が考えなきゃダメ。

妻は、子供に責任を押し付けてると言いますが、責任ではなく、考えるという勉強。

で、この日、八斗の散歩をしながら娘と夏のことをまた話しました。

そこで出たのが、娘のやりたいこといっぱい。

ピザを二日連続食べたい、寿司食べ放題、ウォータースライダー、スポーツ観戦などなど。

それらを実現するのは泊りがけの旅行ではなくて1週間保育園休んで良いからやりたいことをやる、それで良いのでは?と娘に言うと、娘はこの新アイデアによって一気にやる気モードに。

夜、寝る前に妻と一緒に紙にやりたいことを書き起こしたのですが、妻に丁寧な字の書き方を教わりつつだったので途中で終了。

自分としてはこういうのもあり、というか、家の家族にはこういう方が良いのかも?と思ったりしました。

エンジン

土曜日に引き続き、この日も部屋の片づけ。

でもその前に娘と約束していた洗車をしました。

洗い終わって車のバッテリーを充電している間に片付け開始。

この日は、子供チャレンジの本を選定して捨てるという作業。

「ぷち は もう いらないな」

とか2歳のころの本などを見て頑張って捨てるものを決めました。

それがひと段落して車へ。

娘は助手席に乗り、シートベルトをしてしっかりとつかまって座り、エンジン始動。

ギヤを変えたりしつつ多少前後に動かしたりして調子を見ました。

それが娘はとても楽しかったようで、「むかしは エンジン こわかったけど もう こわくないよ」「すごい たのしいね」と大喜びでした。

午後にはコミュニティーセンターの体育館に行き1時間ほどバスケやらバレーボールやらをやって、帰る直前、この日がプール開きだという看板を見つつ娘が「30ぷん だけで いいから プールはいりたい」と。

なので家に戻って水着を持って再びコミュニティーセンターへ。

小学生のころ自分も良く行った懐かしいプール。

30分と言っていましたが、娘は休むことなく練習を続け、平泳ぎの足までやり、45分ほど泳いで帰宅。

そのまま八斗の散歩へと出かけました。

片付け

ランドセルが届き、部屋にあるもっと幼かったころの本やおもちゃが邪魔になってきて、ということで土曜日の午前、娘の部屋の整理を一緒にやりました。

お昼前まで続けて、ご飯を食べてスイミングスクールへ。

「かえってきたら また おかたづけの つづき やろうね」

と言い残して出て行きました。

が、帰ってきて片付けはほとんどせず。

別にサボったとかではなく、旅行の話をしたからです。

この段階で妻が提案したことなどに流されたり、わからなくなってしまったりという娘。

「おとうみたいに あたまが よくないから わからなくなっちゃうんだよ」

とか言ったりも。

ということでひとまず旅行は中止としました。

別に夏に何もしないということではなく。

2016年7月10日 (日)

旅行相談

娘がとびとびに考えて来た今年の旅行。

金曜の夜に娘が妻にも声を掛けて軽く家族で相談。

でもまだ決まらず。

どんな風になるのかな?と思いつつ、娘は旅行の話から別のことが気になっちゃったりと。

まあ、それぐらいルーズで良いと自分は思うのですが。

もりぞう

木曜日の夜、自分が久しぶりに高校のときの友人に会っていたため、娘に会ったのは夕方お迎えが最後。

妻が早めに迎えに行ってもらいたいというので16時半に行きました。

教室でみんなで遊んでいる時間だったので、男の子たちに囲まれ、PAXというおもちゃで作った銃で「てをあげろ!」「けいさつだ」「あげないと うつよ」と。

娘も一緒にやりたそうにしつつ、しっかり一人で帰り支度をしてくれました。

自分は、夜に軽く飲んだ後仕事の打ち合せもやって帰宅したので寝たのは2時過ぎ。

妻と一緒に寝室で寝た娘でしたが、朝、起きて自分が寝ている娘の部屋に洋服を取りにくる様子がなかったので6時半ごろに寝室に娘の様子を見に行きました。

すると、涙を流しながら「かなしい ゆめを みたんだよ」と教えてくれました。

内容は、娘が本物のもりぞうに会って、一緒に遊んで、でももりぞうは家に帰ることになり、もりぞうが寂しくないように娘も一緒にもりぞうと行くことにしたと。

そのために自分や妻とはお別れすることになったという話でした。

でも、話をしてくれた後は元気になって、ちゃきちゃきと朝の準備をやっていました。

事故現場

水曜日の夕方の八斗の散歩は、娘が久しぶりに遠くに行きたいというので南の方へ遠征しました。

その帰り道、なんかの事故があったようで車が一台停まっていて、女性ドライバーが警察に何か聞かれていて、近くのコンビニには救急車とパトカーが2台。

人身事故っぽい感じでした。

娘は救急車のドアが開いたときに中を覗いたそうで「ふたり いたよ」と。

事故の怖さを感じたようで、そこからはずっと事故の話をしながら、「ゆだんしちゃ いけないよね」と言っていました。

2016年7月 6日 (水)

到着

昨日、注文していた娘のランドセルが到着。

帰宅した娘はポイントを使って開けてみて試してみると。

ランドセル300、筆箱などの付属品200、これだけポイントを貯めればすべて娘のものに、という約束ですが、お試し用に50ポイントというのを設けたので。

小学生にふさわしいちゃんとしたことができれば10とか20とかまとめて入るこのルール。

順調だったのに爪を噛んでかなり減ってましたが、やっぱり試したい気持ちはしょうがないところ。

オレンジの筆箱やその他付いてきたものまで確認して、最後はランドセルをしょって鏡でチェック。

これで、今まで以上に小学生になれるように、と頑張るんじゃないかなと思っています。

月曜日、保育園で個人面談があり妻が行ってきました。

特に大した話はなくて、食事は遅いけどお代わりギリギリで一気に食べて間に合わす、叱られるのに弱い、とかそんなことぐらいで、20分のうち大半は雑談だったとか。

娘は「おとう だと へんなこと いったりするから ぱぺぇで よかったよ」と言っていました。

で、夜になりますが、娘と一緒に寝ていてあまりの暑さに1時に目を覚ましました。

とりあえず冷房を付けて、娘に布団を掛けようとしたら汗びっしょりで服が濡れている。

娘を起こして着替えさせて、というのは意外に娘が普通に起きてくれてすんなりだったのですが、着替え終わった娘が「はなぢ」と。

のぼせたのか、勢いよく出ていてタオルケットにも付いてしまいました。

それを見た娘は「いまから あらってきていいよ ひとりで まってるから」と平然と言っていましたが、夜中の1時にタオルケット手洗いという。。。

戻るまで娘は起きていましたが、自分が戻ったらまたすぐに寝付きました。

自分はすさまじい寝苦しさと、娘が寄ってくるため、かなり眠れませんでしたが。

ドライアイス

日曜日、娘が妻にお願い大作戦をして、夕飯が急きょ、娘の手作りハンバーグに変更になりました。

なので、一緒にスーパーまで買い出しに。

そのとき、暑かったのでアイスも買い、ドライアイスももらうことにしました。

が、近所なので今まで頼んだことはなく、ルールを知らない。

しかもレジで聞かれたときは「要りません」と言ったため、改めて聞きにいかなくてはなりませんでした。

その役を娘が一人でやりました。

レジの女性に声を掛けて袋に入れたアイスを見せて「ドライアイスが ほしいんですけど」と。

スーパーのルールでは、どうやら買い物をした際にレジで言えばコインをくれて、そのコインにて機械を動かして入れると。

なので、娘はコインをもらい、店員さんに付き添われてギリギリ届く高さのところへコインを入れて、ドライアイスを袋に入れられました。

ちゃんと最後はお礼も言って。

帰ってきて、キッチンにてボールにドライアイスを入れて水を入れて、当然煙が出て。

でも、これ、娘は今まで見たことなかったようで、相当喜んでいました。

「ちゃんと ひとりで がんばると たのしいことあるね」

と言いながら、ずっと煙を眺めて楽しんでいました。

夕方には、向かいの方がエアコン室外機に掛ける日よけ制作を手伝い、それから道路に水まき。

それを娘は一人でやって、家の前をとてもきれいにしてびしょびしょになっていました。

なんだかすごく夏っぽい一日になりました。

2016年7月 2日 (土)

お年寄だから

今日は13時半に家を出てスイミングへ行き、15時過ぎに帰宅。

それから急いで浴衣に着替え、妻は16時ごろに保育園へ。

自分らは16時半から夏祭りスタートなので16時20分ごろ家を出ました。

年長さんなので、最後ということもあり、今回はビデオを撮りましたが、みんな慣れたもので、好き勝手遊び、集まって写真を撮ってもらい、なんて感じでした。

終わって帰宅のときは、近所のクラスのこと走って帰り、八斗の散歩20分強をやって夕飯。

ばぁばも今回は一緒に行ったので、夕食を一緒に食べたのですが、その終わりに「きょう ばぁばの うちに とまりたいなぁ」と。

その後、娘は「ぱぺぇに きいたら おとうに そうだん しなさい」って言われたということで自分のところに相談にきました。

なので、「例えば来週なら、夕飯をどうするかとかセットで考えたりもできるし、今日は疲れていないと言ってても実際には結構疲れているはずだから、何が一番良いのか自分で考えて、それを教えにきて」と伝えました。

妻には「育コンピューターで計算中だから」と言っていたら娘は戻ってきてこう言いました。

「ばぁば は もう おとしよりでしょ」「だから なんかい いっしょに いられるか わからないから きょう いこうと おもうんだ」

なかなか良く考えました。

ばぁばも近くにいたので失礼な話とも言えなくはないですが、行きたいという願望をかなえるに、かなり遠回りでの理由を考えたのは立派。

ということで、娘は今、ばぁばの家に泊まりに行っています。

あと少し

娘が日々チャレンジしているトランプタワー。

昨日の夜は下に6組、その上に5組、3段目に4組み、その上に…というところまで行きました。

八斗を小屋からリビングに出していたので、集中しずらい状況ではありましたが、完成まであとわずか。

娘も楽しみでしょうが、自分もかなり楽しみです。

帰り支度

木曜日、週末に保育園である夏祭りのサポートの人数が足りないということで、夏祭り担当になっている妻から「足りないなら手伝って」と言われたので、帰りに先生とそのことを話しました。

って、妻が担当なわけでもなく、家の家族が担当っていうのが正しいのですが、自分はまかせっきりですので。

で、その話をしている間に、娘は何も言わずに一人で全部帰り支度を済ませて、自分と先生のところまで来ました。

そういう状況を見てちゃんと先に必要なことをやるっていうのは大したものです。

イルカグループ

水曜日、娘のクラスではグループ変更があったそうで、ねこバスグループからイルカグループになったそうです。

今回は海の生き物シリーズで、シャチ、アザラシ、ペンギンというのが他のグループ名だとのこと。

娘は日ごろ仲の良い男の子たちと一緒で、前も両脇も男の子となり、みんなで大はしゃぎしていたとか。

先生が「珍しく大騒ぎでしたよ」とお迎えの時に教えてくれ、連絡帳にも同様のことが書いてありましたので、相当盛り上がったのでしょう。

結婚式

火曜日、娘は保育園で友達と結婚式をやってきたそうです。

みんなで車に乗って、盆踊りをして祝ったとか。

相手の男の子は娘に「おとうさんと おかあさんが けっこん やめれば けっこんできるから おかあさんと けっこんするんだ」と娘に教えた子。

それを受けて娘は自分に「ぱぺぇ と けっこんやめて けっこん しようよ」と言ったりしていたのですが、どちらの子供も気が変わったようで。

ちなみに、婿入り婚だったそうで、相手の名字が変わり、娘はそのまま。

そのため、自分と妻にこの家を出て行って欲しいとも言っていました。

ランドセル

日曜の夜、娘とランドセルをネットで発注しました。

その日は自動の返信のみでしたが、月曜に1~2週間で発送してくれるというメールが月曜日にきました。

娘はランドセルポイントというルールが新たに設けられ、小学生としてふさわしいことを自然にやったら入る、というのに挑戦中。

しかし、自分が犬小屋から帰宅した日の夜、妻と寝ていて爪を全部噛んでしまいこの時点ではマイナス10ポイントというランドセルGetには程遠い状況でした。

そんな娘ですが、リアルに届くというのを実感したのか、すごくやる気になっていました。

インサイドヘッド

日曜日、娘が一緒にインサイドヘッドのDVDを観たいというので自分の部屋で見ました。

映画館に妻と昨年行って号泣して大変だったというこの映画、前半は娘は解説をしてくれてご機嫌でしたが、終わるときはやっぱり号泣。。。

娘にとって大事な作品として残るのでは?という感じ。

それが終わって落ち着いたところでまたコミュニティーセンターの体育館へ行き、一緒にバスケやらラグビーの真似事やらを汗だくになってやりました。

ラグビーは、前日のラグビー中継を見て、「あたま と あたま ドンって やろうよ」とかスクラム組みたがったりと、かなりやってみたいことが増えていました。

ついでに娘に空気椅子のトレーニングを教えてあげて、1時間強で体育館遊びは終了。

夜寝るとき、娘とまたインサイドヘッドの話をして、思い出をしっかりといっぱい残しておきなよ、と話しました。

実際、あの映画のように、幼き日の思い出は自然に消えて新しいものに変わり、となるのでしょうが、日々起こること、感じたことを少しでもどこかに残しておいてあげられれば、自分は映画を見てそんな気分になった日でした。

頑張って帰宅

25日の土曜日、日本対スコットランドのラグビーの試合が味の素スタジアムであり、大学のラグビー部の面々と見に行ってきました。

自宅から遠くないので自転車で行ったのですが、出かけは八斗の散歩があったりでちょっとギリギリに。

試合を見て自転車でのんびりと家に着いたのが22時過ぎ。

家の電気は消えていて妻も娘も寝ている感じでした。

で、家に入ろうと思ったら鍵がない。。。

なくしたのでなく、家に忘れていったのだろうと。

インターホンを鳴らして起こすのもな、と思い、とりあえず犬小屋から入って、ペットドアを通ってケージから出ようと考えました。

小屋に行くと、八斗がお出迎え。

かなり喜んでくれてしまい、顔をなめられまくり。

が、八斗の小屋があるから鍵がなくともどうにかなりそうなということなので、しばらく構ってやって、ペットドアから入れるか確認。

八斗は自分の行動に少し驚き、急いで自分と一緒にペットドアを通ろうとしたりで、ちょっと邪魔でしたが、どうにか通れるというのを確認。

いったん八斗を先にケージに戻し、自分もペットドアからケージへ。八斗は自分が入ってきたのでハウスに避難。

ケージに入り切る前にケージのドアを内側から開けたところで八斗、和室に脱出。

自分も後を追って無事に室内に。

これ、実際に侵入可能でしたが、家族でなければ、身動きがほぼできない状況で犬がいますから危険、というか無理。

翌朝、そのことを妻と娘に伝えたら、「インターホン鳴らせば良かったじゃん」「なんで帰ってきて犬とそんなに遊びたいのかね?と思った」と言われました。。。

せっかく気を使って家に入ったのに。

トランプタワー

24日金曜日、娘は前日に知ってはまっているトランプタワーに挑戦し、見事3段に成功していました。

器用さと集中力がいるから、まず無理だろう、と思っていたのですが、まもなく6歳というのはかなり侮れないものです。

失敗して悔しがり、でも前向きにまた挑戦して。

近々全部成功しそうな感じがします。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »