« 煙 | トップページ | ボディ »

2017年1月20日 (金)

親子ドッヂボール

水曜日、保育園では懇親会があり、それの終わりで親子でドッヂボールの試合をすることになっていました。

前日の夕飯のとき娘が「ティラノサウルス(娘の班の名前)のみんなが おとうに ドッヂボールきてほしいって いってたよ」と娘に言われました。

話を聞いてみると、昼食時にそんな話になったようでした。

もともと、自分は今週は編集がいっぱいで大忙しなので、妻が懇親会に出て、そのままドッヂボールをとなっていました。

が、みんなに話して期待を持たせて自分が行かないと娘は立場がないだろうな、ということで、ドッヂボールのみ参加ということにしました。

まあ、そんな遊ぶだけのために保育園に行くなんて親が他にいるはずもなく、懇親会終わりの想定での時間で到着したときは、子供たちがホールでおやつを食べていました。

いきなりみんなに声を掛けられ、遊んでやり、どうして上でやっている懇親会に行かないのか聞かれたりしつつ、30分ほど子供たちと遊んでいました。

で、ようやく親が登場しドッヂボールの試合開始。

親は利き手の逆で投げるとかコートが狭いとかのハンデ戦でしたが、結果は親の勝利。

最後の子を当てたのは妻でした。

そのとき、子供たちの大半が泣き始めました。

自分たちが思っていたよりもずっとドッヂボールに思い入れがあったらしく、どうしても勝ちたかったと、あとで先生に聞きました。

娘も思いっきり泣いていました。

だったら自分を呼ばなきゃいいのに…とか思いつつ。

« 煙 | トップページ | ボディ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437402/69312442

この記事へのトラックバック一覧です: 親子ドッヂボール:

« 煙 | トップページ | ボディ »