« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月24日 (木)

プラネタリウム

23日、午後から家族でプラネタリウムに行きました。

場所は家から5㎞のところなので、自転車で。

30分程度で到着しましたが、途中、歩道がなくて危なかったりも。

ムーンウォーカーという装置で遊んだり、いろいろな展示を見てから、娘と妻は恐竜の映画とプラネタリウムを鑑賞。

自分はそっちは興味がないので、一人でゆっくりと化石とかの展示を見て。

帰りに回転寿司によるということになり、行きとは違うルートを通ったのですが、住宅地を通っただけでなく、歩道がない危ない道は避けたために、随分と遠回りに。

そこでお寿司を食べ終えたのが19時。

帰り道、疲れていた娘はいつもの半分ぐらいのスピードしか出せず、40分ほどかけて帰宅。

でも、途中でわがままを言ったりなどは一切なく、家までちゃんと頑張りました。

しかも、帰宅後にはちゃんと一緒に八斗の散歩にも行き。

この夏、本当に運動漬けだったのでかなり体力が付いたようです。

ダニ?

22日、朝から学校のプールに行き、午後はスイミングスクールという一日だった娘。

スイミングスクールまで八斗の散歩がてら迎えに行き、一緒に帰ってきて、八斗を拭いていたら、お腹に黒い点が2つ。

大きさが思いっきりマダニっぽいので、動物病院に電話して、一応診てもらうことになり、そのまま、また八斗を連れて病院まで。

結果、乳腺から油が出て固まったというだけでした。

何もしてないからお金は要らないですと言われ、エサだけ食べさせてもらって八斗は大満足という感じでした。

自主練

21日、前日、公式戦が終わり、夏休み中のチーム練習はもうないという中で、普通はオフにするところでしょうが、娘はバスケがしたくてたまらなかったようで、自主練をしにいくことになりました。

いつものコミュニティーセンターの体育館で、今までよりもちょっと難しいことを教えてあげて、目いっぱい走って。

妻も一緒に行ってくれたので、2対1での攻めとかいろいろとやりました。

公式戦

20日、前日の予選結果で男子チーム女子チームともに決勝進出。

その前に娘たちが出る4年生以下の試合がありました。

初めての公式戦。

どんな風になるのやら?

と思いつつも、別に勝っても負けてもと思って2階席よりビデオを回していました。

7分の流しでの試合で、途中でメンバーチェンジという形になり、娘は後半チームになりました。

最初の試合、4年生も出ていた娘たちのチームは24対0と圧勝。

相手が小さい子だけだったので見ていてかわいそうな試合でした。

そして2試合目は、相手の人数が足りないために男女混合というチーム。

4年の男子が中心となって思いっきり攻撃され、前半14対0とされたところで娘たちが登場。

18対6での敗戦となり、みんな喜んではいませんでした。

午後は高学年の決勝を応援して、男子は2位、女子は3位という結果で表彰式を終えて、集合写真を撮って帰宅。

帰ってから妻と娘にビデオを見せてあげる前に「第二試合、後半は何対何だったでしょうか?」と質問したら、妻も娘も答えられず。

後半は6対4で勝っていたのです。4年生男子が中心のチームに。

前半は14対0で負けていたチームに。

自分らが取った点数もわからないぐらい、がむしゃらに頑張ってたんでしょうが、それぐらいしっかり気付かなきゃと教えてあげました。

娘にとって初めての公式戦は、チームとしては1勝1敗。

娘自身が出たピリオドに関しては2勝という結果で終わりました。

大会初日

19日は市の大会の初日でした。

この日は高学年の予選だったので低学年は行かなくても良かったのですが、娘は試合を見たいというので行くことに。

チームの2年生の子も見に来ていて二人で一緒に応援していました。

が、この二人、「うんどうしてないと しんじゃう」と言い切るコンビ。

なので、試合の合間に外の公園で遊ばせてあげることにしました。

2年生の子の3歳の妹も来ていて、先にその子のお父さんが外で遊ばせてあげていたので、そこに合流。

一生懸命についていく3歳の子でしたが、240mのトラックをダッシュした時、完全に置いてきぼりにされて。

反対側が木で見えないコースだったのですが、コースから出てきたのは2人だけ。

しかも超ダッシュで接戦。

最後まで走り切ったところで「うしろのほうで ”まってぇ” っていってたね」と置き去りに罪悪感の欠片もないようでした。。。

帰りも一緒に遊んで帰ると騒いでいたのですが、雷雨の予報だったので遊ばせずにすぐに帰宅。

帰宅後数分で激しい雷雨となりました。

ラン&ガン

18日、市の大会前、最後の練習がありました。

そして紅白戦で驚くようなプレーが。

前日、コーチから「持ち過ぎ」と指摘を受けた娘は、早めのパスを意識してプレー。

自陣エンドラインからパスをもらって娘はドリブルでディフェンスを引き付けて、隣を走っていた子にパス。しかも、自分が教えた通り、走っている人のスピードを落とさないように少し手前に出し、そのままフォローに走る。

パスをもらった子はそのままドリブルでゴール前へ。

そこで、逆サイドを走ってきていたフリーの子にさらにパス。

そしてゴール。

見ている親、そしてコーチから大きな拍手。

そりゃそうです。

そういう速攻の練習って低学年は一切していないのですから。

なのに、仲間がみんなでパスをつないでの速攻。

理想的なラン&ガンの形。

パスをもらえなかった1年生のもう一人の子もちゃんとゴール前までダッシュしていて、もしシュートが外れても3人がゴール下でリバウンドに備えていたという。

低学年、しかもみんな経験3か月ちょっと。

仲間を意識して一生懸命に走って、理想的な攻撃ができていました。

拍手もシュートが決まる前に起きていたということも娘にビデオで見せてあげました。

入らずともリバウンドも取れる状況。

それ以前に、スピードに乗って仲間がつながったプレーがみんなが驚き褒めてくれたと。

チームでやることの意味をすごく感じていたようでした。

逆サイド

17日、チームでの紅白戦で娘はシュートを決めたい病を発病。

一人で突っ込み過ぎ…という感じでした。

コーチには「持ち過ぎ!」「逆サイド見て!」と言われたりも。

が、これって欲張り過ぎな気がしています。

1年生の女子が「持ち過ぎ」と言われるぐらいドリブルでキープできてればOKだと思いますし、逆サイドが見えても、その距離のパス出す腕力ないですし。

とはいえ、最近はコーチに紅白戦のときのプレーを褒められることが多かった娘なので、ちょっとしょげていました。

スラムダンク

16日、近所のコミュニティーセンターの体育館が雨漏りで使えず。。。

せっかく雨の中歩いて行ったのに、そんな具合で、じゃあ何をしようとなりました。

そこで娘が選んだのが読書。

と言っても今回は漫画スラムダンクを読むという。

もともと読書は好きで、学校で借りてきた4冊の本は早々に読み終えていて、コミュニティーセンターの図書室からも何冊も借りて読んでいるので、別に漫画を読もうとも止めることもなく。

一気に3冊読んで楽しんでいました。

その裏で、「スラムダンクってどんな話か忘れちゃったよ」と言っていた妻は一人でネットでアニメを見ていたという。

それを知った娘は、妻の膝に乗り、一緒にアニメも見て、「これ、さっき まんがで みたとこだぁ」と楽しんでいました。

リストバンド

15日、娘の誕生日月なのでバッシュを買ったお店から来店でポイントをくれるというハガキがきていたので買い物に行きました。

家を出たときはまだ雨は降っていませんでしたが、着く前にもう雨が降り出し、強い雨が降り続き。。。

そんな中、家族でスポーツ店へ。

娘はNBAの中継に目もくれずサッカーの試合を見るのに没頭していたりでしたが、セール中でもあったので、何か買って帰ろうということに。

そこで選んだのがリストバンド。

夏の体育館は汗だくになるので、それで汗ふきながらやればということで決めました。

ナイキの細いのとかの方が手が短いから良いんじゃないと妻に言われつつも、娘は色とデザインで、レイカーズのやつを買いました。

午後、さっそくそれを付けてコミュニティーセンターでバスケ。

汗を拭くよりも着けていること自体に満足してました。

初ゴール

14日の紅白戦で娘はついに初ゴールを決めました。

いっぱい練習してきたレイアップ。

この日は、何度もドリブルで抜け出してというシーンがあり、クロスオーバーなども使って自由に動き回って。

初めてのゴールを娘は本当に喜んでいました。

が、そんな娘に「そうやってゴールが入るようになったら、ゴールしたくて周りが見えなくなるもんだよ」と教えておいてあげました。

やり直し

一度仕上げた平和の絵。

自分が直接は手伝っていませんが、手の位置などを教えてあげたりというのがあり、完成度が高く、「1年生の絵じゃないよ」と自慢して持って行った娘にダメだし。

上手くて文句言われてかわいそうだなと思い、今度は真っ白な紙に完全に娘だけで描くというのに挑戦することにしました。

せっかくなので、もう一回道具も使って練習して良いかなと思ったりもしたので。

出られなかった…

12日は午後から娘の誕生会でした。

が、同時に練習試合もありました。

もともとは誕生日である6日に試合があり、自分も仕事で終日いなかったのでこの日にしたのですが、あとになって練習も入っていなかった12日に試合も組みこまれそうなりました。

雨の中、とりあえず午前中のみ参加ということで試合に行ったのですが、娘の出る低学年の試合は12時45分から。

娘は12時には帰らねばならなかったので試合には出られませんでした。

でも、チームのみんなと試合を見たり応援したり、最後は試合前の高学年のアップを一緒にやって。

試合ができずとも、チームの一員としてしっかりとやっていました。

帰って今度は誕生会。

3歳になった従兄弟の面倒をみてあげたりと、しっかりとお姉さんになってきたようでした。

11日も練習はなく、娘と一緒に夏休みの宿題以外でやりたい人だけ描けばいいという絵を描きました。

テーマは「平和」。

そういう抽象的なものをどうやってイメージして作るのか、それをどのように描くのかというのを一緒にやりました。

出来上がる作品としての形ではなく、考える工程や作る過程に意味があると思うので。

娘は世界の国旗を描き、握手している手を描きました。

見本となるものを写真を組み合わせてPhotoshopで一緒に作り、それを見ながら定規やコンパス、そして分度器などまで使って。

なかなかいいのができました。

パン教室

10日はバスケの練習はオフ。

なので娘は妻と一緒にパン教室へと出かけました。

カメロンパンとチョコパンをたくさん持って帰ってきて、それを夕飯に食べました。

どうやって作ったかをリアクションを交えて一生懸命に教えてくれていましたが、粉と水をこねるのは大半を妻にやってもらったと。

でも、そうやってバスケ以外のこともいろいろと体験して、何かを感じればと思ってますので、妻が連れて行ってくれて良かったです。

2017年8月10日 (木)

女子練

9日、娘のチームは女子だけの練習でした。

日ごろは男子女子一緒になり、場合によっては低学年、高学年で練習を分けるので、女子だけでの練習というのはこれが初めてのこと。

娘は男子の3年生とかとも仲が良いので「だんしが いないの つまんないな」なんて行きは言っていましたが、実際に女子のみで1年~6年までの練習は楽しそうでした。

最後に5分1分5分3分5分1分5分という試合をやったのですが、娘のチームは低学年は娘だけ。

相手は3人が低学年。

娘のチームは6人で相手は7人。

相手は常に誰か低学年が出ないといけないという状況でしたが、ピリオド中に交代を自由にやってという作戦。

娘のチームは、娘と4年生の入れ替えで第2ピリオド頭からフルタイムで娘は出場。

出てすぐにゴール下にドライブで入ってコーチに褒められて上々のスタート。

でも、流しではなく、止めながらの試合だったために実質的なピリオドの長さは10分ほどで、娘にとっては今まで経験したことのない長さでした。

いつもの低学年だけの試合とは違う速いテンポで試合が進み、その長さ。

ということでしたが、きっちり走り切っていました。

そして第3ピリオド頭で退いて、少し休んで4年生と交代して第3ピリオド中盤から再び試合に登場。

必死にボールに食らいつき、6年生との取り合いになったときに吹っ飛ばされて泣いてしまいました。。。

でも第3ピリオド最後まではやって。

休憩時間にチームの子たちに慰められて、どうにか泣き止んだんですが、泣いてる奴は出られないと自分に言われ凹み。

一応、ベンチでアップして出られますよとアピールしたものの出番はもうなく。

って、それ以前に十分出てたので泣いたかどうかじゃないですけど。

娘としては、もっと試合に出たかったと言っていましたが、あれ以上は体力的に無理だろうと。

そもそも、この日は最高気温が37度でしたし、練習自体も9時~12時と3時間もありましたので。

でも、娘は帰ってきてまだ練習をしたいと。

なので午後に1時間ほどコミュニティーセンターでも練習をしました。

6年生まで一緒にやったので、戦術的なことも始めてやって、ハーフでのマンツーとか知らない言葉を覚えて、大きな子とやるときの役割もわかったので、その部分を説明しながら、娘の得意なドリブルでどうやって攻めるのか教えてあげました。

って、1年生に戦術って必要?

そう思いつつ。

植え替え

8日、娘の部屋にあったマングローブのうち1本が枯れてしまい、もう一本も元気がない。

逆に、自分の部屋にあったサンデリアーナは育ち過ぎ。

ということで、マングローブを水だけで栽培してみることにして、空いた植木鉢にサンデリアーナを切り戻して挿し木することにしました。

娘と一緒に砂を買って来てマングローブを移植して、サンデリアーナを切って植えて。

マングローブは今後どうなるかはわかりませんが、失敗したらガジュマルでも挿し木してみようかな?と思っています。

仕事

7日は娘と一緒にオープンキャンパスへ。

前日の試合の疲れなど微塵もないようで、朝から元気に大学まで自転車で一緒に行きました。

大学に入ったら、もう顔なじみになっている学生さんたちに目いっぱい遊んでもらって。

途中、教員の方と一緒に来場者に配っているセサミストリートのグッズをもらうためにキャンパス内を歩き回ったりして、夕方までずっと大学で過ごしましたが、すごく楽しんでいました。

帰り道、「みんなが かわいがってくれるから だいがく たのしいよ」と言っていました。

毎年そうですが、本当に学生にお世話になりっぱなしです。

練習試合

6日は9時~18時まで練習試合。

自分はその裏で朝から夕方までオープンキャンパスの仕事。

そして、この日は娘の7歳の誕生日。

家を出るとき娘に「頑張ってシュート決めてきなよ」「自分で誕生日をお祝いできるようにさ」と言っておきました。

夜、夕食を食べながら娘に試合のことを聞いたら「シュート1ぽん うったけど てで とめられちゃったよ」と寂しそうに言っていました。

全体的に良いプレーができなかったのかな?なんて思っていましたが、ビデオを見て驚きました。

2年生か3年生のような大きさの相手で、しかも相手の中心プレーヤーをマークして、1対1でいつも練習していたターンで抜いて、ドライブで中に切り込みレイアップをし、クロスオーバーで相手をかわして、リバウンドも取って。

娘としては点が取れなかったというのが大きかったようですが、十分お祝いできるだろ、っていうプレーの数々。

6年生の女子のお母さんは妻に「今日の試合見て、娘さんのファンになりましたよ」なんて言ってくれたりもしてたそうですが、試合中、娘が仕掛けるたびに応援の声が飛んで。

よく頑張っていました。

チーム

5日、久しぶりのチーム練習があり、張り切っていきました。

いつも通りの練習を終えて、最後の紅白戦。

女子チームはどんどんチームワークが良くなっていて、ちゃんと機能しています。

娘は1年ですがドリブルが一番上手なのをわかっているチームメイト。

3年生の子がすぐに娘にパスを出し、娘が一気に前に。

シュートが外れたら大きな3年生がリバウンドを取って。

助け合って頑張ってるのがすごくいい感じ。

紅白戦で0度からのドライブを2本やって、シュートは外れたものの、どちらもコーチに褒められた娘は、午後にまた自主練。

この日はひたすらに0度からのオフェンスを。

認められて褒められて、仲間ができて。

娘の夏休みはバスケを中心に充実してます。

完成

4日、朝から前日の自由工作の続き。

この日の作業は簡単なもので、ボンドで昨日作ったものを45度ずつずらして載せながら接着するだけ。

あっという間に完成しました。

そして、夜、家族で作り上げた娘のジグソーパズルを飾るスペースや、棚の使い勝手を考慮して、娘のベッドを移動させることに。

2人して夜に汗だくになりながら、娘の部屋の模様替えをしました。

遊べるスペースは少し狭くなったのですが、部屋の使い勝手としては良くなり、パズルも飾れて娘は大喜びでした。

工作

3日、週末からチームの練習や練習試合が入ってきて、20日の大会までは忙しくなるので、夏休みの自由工作を娘としました。

1cm角で90cmのヒノキを9cmに切る作業からスタート。

娘自身で長さを計り、ノコギリで全部切るのは難しそうだったので自分が切り込みだけ入れてあげて。

全部で40本ほど切り出して、4本一組にしてボンドで接着。

できた四角いものを45度ずらして上に乗せていき、ペン立てにするのです。

が、この日は娘は切るだけで精一杯。

なので、仕上げは明日にしようということになり、接着した4本組のものをすべて紙やすりで削るところまでで作業を終わらせました。

シュート

2日、この日もコミュニティーセンターでバスケの自主練。

メインはジャンプシュート。

ひたすらにシュートを打って、どんどんと入るようになって。

形を作るために、小さいころに使っていた軽いピンクのボールを使ったりして少しずつ、ひざから全体を使ってシュートが打てるようになってきています。

なので、飛距離も伸びて、シュートが入るようになり、モチベーションが上がりという状態。

こういうときって、やっぱり上手になるものです。

ハード

8月1日、朝から学校のプールに行き、コミュニティーセンターでバスケをし、夕方からはスイミングスクールへ。

娘の運動に対する熱意は本当にすごいです。

バスケがメインになったので、水泳はやめたいなんてことも言ったりしていましたが、今ではバスケのための体力作りという位置づけになって、むしろやる気だったり。

これだけハードに運動していても、一度も体調を崩していないのがすごいところです。

ゴール

31日、前日の試合の反省した部分を練習。

暑い中、コミュニティーセンターの体育館でミドルシュートをたくさん打ちました。

そして、初めて大人用のゴールにジャンプシュートが入りました。

レイアップはもうすでに入るようになっていましたが、ジャンプシュートで入るようになったのが嬉しかったようで、娘の練習は終わらず。。。

自分の方が疲れてしまいました。

ディフェンス

30日、電車に乗ってバスケの試合。

妻が連れて行ってくれたので、自分は帰ってきてから一緒にビデオで見ました。

男子の低学年戦にも出たり、4年生と一緒に女子で出たりと合計6試合。

ディフェンスを試合中にコーチに褒められた娘は「ディフェンスすき」と言ったりしつつ、試合の反省をしっかりとしていました。

一番大きかったのは、20日にある市の4年生以下の大会に向けて4年生とも仲良くなれたこと。

一緒に試合に出て、パスをもらってシュートして、電車で一緒にはしゃいで、しっかりと仲間になってきたようでした。

そうやって、どんどんと人間関係が広がっているのを見ると、本当にバスケを始めて良かったなと感じます。

ポジション

29日、ちょっと離れた小学校でバスケの練習がありました。

最近、娘はパスすることはほとんどなくて、ドリブルで相手を抜いてというのが上手になっていて、紅白戦をするたびにコーチに褒められて。

もともと大きな子たちと一緒に試合に出るなら、パスを教えておかなきゃということでポイントガード的なことを教えてあげていたのですが、娘の趣向はシューティングガードかスモールフォワードのようで。

なので、練習が終わって帰ってきてから、娘と一緒にポジションごとの仕事を改めて考える、というのをやりました。

ついでに、将来はバスケの選手になって、背番号0を付けてたいと娘は言っていました。

そして「アメリカとかと しあい するときは みにきてよ」と。

学生の間は4番からしか付けられないルールですから、娘が希望する0番を付けるときは、趣味としてバスケを続けているときか、本当に社会人まで続けたとき。

別に他のスポーツに変えたって、音楽とか美術とかに目覚めたっていいとは思っていますが、ひとまず小学校の間は、選んだものを精一杯頑張ってほしいなと思っています。

昼ごはん

28日、家族で買い物に出かけてお昼ご飯を外で食べたのですが、どの店に入るのかで妻と娘の意見が分かれました。

娘は中華が食べたいと。

妻は中華を食べられるほどお腹がすいていないから、インドカレーを食べたいと。

自分は別にどちらでも良かったのですが、食べきれないものを選んでも仕方ないので、娘を諭してインドカレー屋に決定。

娘はしぶしぶではありましたが、妻の希望に合わせたことで妻にお礼を言われてちょっと嬉しそうで。

そこで「こどもカレーセット」を食べてみたら、娘の思っていた以上に美味しかったようで、結果的に娘は、妻に感謝されるは、美味しいはで大満足な昼食になっていました。

電気屋さん

妻の部屋のエアコンが冷たい風が出なくなっていて、母親の家のも同じ症状。

それの修理に電気屋さんが来てくれました。

が、タイミングとしてはちょうど家族で夕食を会社の近所まで食べに行くために出発する直前という。。。

家のことを全部やってくれている大工さん経由なので、他の案件の合間に時間が取れたら来てくれるというのがいつものことなので。

なので、夕食は近所で食べることにして、修理を優先。

屋根に上がって作業する電気屋さんを道路から見て、娘も屋根に上がりたいと騒いでいました。

去年まで保育園だったために、電気屋さんだけ会ったことがなく、娘はそういう作業を見たことがなかったので、小さいですが、また一つ勉強になったようで。

夕飯は近所の焼き肉屋さんへ。

娘はお腹いっぱい食べていました。

みんなでバスケ

26日、前日の反省で娘はプールに行く気満々。

ですが、残念ながら天候不順により中止。。。

前日、思いっきり二人で叱ったということもあり、反省した娘をねぎらうために家族でバスケをすることに。

自分とは年中やっていますが、妻とバスケをするのはこれで2度目。

娘は妻にバスケを教えてあげたりしながら、1 on 1 で妻と勝負したり。

スポーツ好きの娘で助かりました。

一緒に汗を流して、叱ったり叱られたりのわだかまりが解消されるので。

サボり

25日、学校の夏休み最初の日。

でも娘は乗り気じゃないようで、朝から「あんまり いきたくないなぁ」と。

どうも、受付の仕方など含めて、何をどうしたらいいのかわからないからみたいな。

そして出発の時間。

駄々をこね、泣き、行くことを拒み、妻が一緒に行ってあげるという体案でも動かずに、自分にも妻にも思いっきり叱られて。

結果、サボりました。

娘の部屋で長いこと話をしたのですが、娘は強く後悔したようで、サボったときに感じる罪悪感にさいなまれているようでした。

それはそれで一つの勉強でもありますが、翌日行けるのか、また嫌だなと感じたことから逃げてしまうのか、不安でもありました。

パズル

24日、前日に頼んでおいた娘の今年の誕生日プレゼントであるジグソーパズルが届きました。

大人用の1000ピースのもの。

娘一人では無理なので、自分も妻も手伝いました。

娘は外周を一生懸命に作ってこの日は終了。

娘以上に妻のモチベーションが高く、娘は妻と一緒にやれるのが楽しいようです。

塗り絵

23日、朝から野球をやってバスケをやって。

いつも通りな感じでしたが、午後は妻と娘で塗り絵というイレギュラーな日となりました。

妻が持っている大人用の塗り絵を娘が急に思い出してやりたがったので。

何時間も二人して真剣にやっていました。

おかげで自分は仕事がゆったりとできて。

娘と日中遊ぶので、夜中に仕事を回す日々でしたので、結構助かりました。

運動

22日、午前中、近所のコミュニティーセンターのプールへ。

もうすぐスイミングスクールの検定の日なので苦手な平泳ぎとクロールの息継ぎの練習のために。

まだまだ、という感じでしたが、一生懸命に頑張っていました。

帰ってきてお昼を食べたら再びコミュニティーセンターへ。

今度はバスケ。

汗を流して帰宅して、おやつを食べて野球をしに公園へ。

と、朝から晩まで運動という日になりました。

夏休み

21日、夏休み初日。

最初のイベントは八斗を洗うこと。

別にいつも通りで夏休みでも何でもない感じですが。。。

娘も「なつやすみって 40にちも あるんだよね」なんて言いつつも、まだ通常の休日みたいな雰囲気で。

でも、ちゃんと初日から宿題は始めました。

どんな夏休みになるんだろう?なんて思いつつ、自分も妻も仕事は家でやってたりと、自分が体験した昔の夏休みとは違う形。

自分自身、まったく先が見えてないのに娘にわかるわけもなく。

どうなるのか一緒に楽しもうと思っています。

成績表

20日、娘の小学1年の1学期が終了。

昼に成績表を持って帰ってきましたが、娘は成績表には全く興味なし。

昔とは違う基準で自分もどう判断するのかよくわかりません。。。

が、学習はしっかりと良い成績で、生活関連もしっかりとしていたようで。

何より友達がたくさんできて楽しい毎日を過ごせて、バスケも始めて充実していてという日々でしたから、成績にかかわらずよく頑張ったと思っています。

夕方、八斗の散歩に出たら、近所で盆踊りがあることを思い出し、急きょ夕飯は盆踊りで焼きそばなどを買って食べることに。

昨年は保育園の友達一人と一緒になっただけでしたが、今年は小学校のクラスの友達やらバスケの上の子たちやらとたくさんの人に会いまいした。

昨年もその子たちはいたのでしょうが、知り合いではなかったのでってことなんでしょうが、娘が1学期の間に培った大きな友人関係を感じました。

1年の仲間たちで鬼ごっこをして大はしゃぎしている娘を見て、成績表よりもその方がわかりやすく娘が過ごした時間の意味を感じさせてくれました。

バット

19日、前に買ったのにほとんど使っていなかった細いプラスチックのバットを使って娘と野球をしました。

娘が急にバットを持ってきて野球をしたいと言ったので。

いつもラジコンをしたり野球をしていた公園が改装でしばらく使えなかったのですが、そこが使えるようになったので。

久しぶりだったせいか、最初はなかなか打てませんでしたが、後半はしっかりとしたスイングでホームランを打ってすごく喜んでいました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »