« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年2月

2018年2月15日 (木)

チョコ配り

14日バレンタインデー。

4時間授業で早めに戻って来た娘を連れて会社へ行き、仕事の知り合いに娘がチョコを配って急いで帰宅。

友達と公園で遊んでおやつの時間に友達と戻ってきました。

バスケの6年生が公園に来ていたようで、友達が作ったやつを公園で配っていたようで、娘も残りのやつを持って友達とまた公園へ。

男女合わせて6人のバスケの子たちがいて、みんなに配って、一緒にどろけいをやって遊んでもらったそうです。

バスケを始めたから、そうやって公園でも6年生に遊んでもらえるという幸せ。

本人もそれを感じているようで、「ほんとうにバスケはじめて よかったよ」と言っていました。

平泳ぎ

13日、スイミングでは平泳ぎのターンの練習をやったそうです。

妻が見ていて、とても上手だったと言っていました。

最初は今のクラスに行くのが不安そうでしたが、とても楽しくなってきているようで、妻が「私、ターンとか教わったことないから、あんなのできない」と言ったら「こんど しえいプールで おしえてあがえるよ」と娘は言っていました。

12日、6年生の最後となる市の大会の予選リーグの日。

娘はユニフォームをもらうことはなく、自主参加として応援に行きました。

前はユニフォームをもらいたがっていましたが、どうせ来月にはもらうことになりますし、もともとベンチの数を合わせるために3年生にあげるものという状態になってしまっているので、娘としてはビブスでも練習試合を一緒に6年生と戦えたことの方が価値があるので。

前日の夕方散歩、そしてこの日の朝の散歩で神社によってチームが勝てるようにとお祈りをして会場に行きました。

男女とも夏には決勝トーナメントに出ているし、組み合わせ的にも問題なく通過するだろうと思われていたのですが、男女とも初戦を落としてしまい嫌な感じが漂い始め。

そんな中、負けたらもう一緒にバスケができないということを強く感じて娘は一生懸命に男子女子ともに応援しました。

が、結果は両方とも予選敗退という。。。

試合がすべて終わり撤収作業を娘は一緒に手伝い、ユニフォームを持っている子だけが最後に残ってコーチの話を聞くということになっていたのですが、娘と2年生の女の子は誘ってもらって一緒に残れることに。

最後の最後、男子のキャプテンが泣いて挨拶できず、コーチたちも涙して。

娘はそこでは泣きませんでしたが帰宅してすぐに泣きだしました。

「かいじょうでは なくのがまんしたんだよ」

そう言っていました。

次が始まるということは前のことが終わるということ。

それを実感できたこと、そして教えてくれている人の涙を見て、その気持ちも感じて。

とても残念ではありましたが、面倒をみてくれた優しい6年生の気持ちはちゃんと小さなこたちに伝わっているということが大事なんだろうなと改めて感じます。

自分ではなく娘がやっているという距離だから、客観からそう感じるんだろうなと思いつつ。

速攻

11日、チームの練習で今までやったことのなかった練習がありました。

レイアップを全面でやったあと、そのまま逆のゴールまで走り、コーチが遠投するボールを取ってレイアップという速攻の練習でした。

娘は先頭でこの練習をやり、とても上手にこなしていました。

もともと、自分がそういうタイプだったこともあり、後ろからのパスを取る練習はずっと前からやっていたので、娘にしてみれば簡単だったようで。

チームの他の子が苦戦する中、この練習をすごく楽しんでいました。

野球

10日土曜、バスケの練習や試合がなく、娘は友達との約束もなかったので、午前中にバレンタイン用のチョコを作り、空いた時間で久しぶりに野球をしました。

久しぶりでしたが運動そのもののレベルが上がっていてかなり上達していました。

それからサッカーをやりバスケをやり。

珍しくチームの人にも会わず友達にも会わずという日になり、なんだか保育園時代のようで懐かしかったです。

筋肉痛

9日、前日のシャトルランのせいなのか、朝から娘が太ももが痛いと。

状態を見たら単なる筋肉痛ぽかったのでバンテリンを塗って登校。

そんな状態でも7分で18周走って来たそうで。

間違いなく単なる筋肉痛だなと。

走っていたらそのうち治って、もっと強くなるから気にするな、と言ったら娘も納得してくれていましたが、妻はどんだけ体育会なんだよ…と言っていました。

シャトルラン

8日、チーム練習でシャトルランをやったそうでした。

そのときに6年男子が一緒のスピードで走ってくれて「おもったより はやいねって いわれたんだ」と嬉しそうに教えてくれました。

そのあと、5年の女子も一緒に走ってくれて褒めてくれたそうで、上の子たちに面倒をみてもらって満足の練習だったようです。

この日から学校では7分間校庭を走るというのが始まり、ひとまず14周走ったとか。

バスケの練習前には校庭開放に行き、一輪車をやったりと、運動しまくりの日でした。

友達たち

7日、結構な数のクラスの子が復活したようで、娘の中の良かった仲間も治って学校に来て、ようやく一人で下校という寂しい日々から娘は解放されました。

外は寒いという理由で、家に遊びに来た4人来た友達のうち2人はこの日インフルエンザが治って登校したばかりだったので、寒い中外で遊ぶというのは無茶なので、そのまま家で遊ばせてあげることに。

病気で休んでいる間、友達と遊べなかったフラストレーションを発散しているようで、いつも以上に大騒ぎになっていました。

大丈夫

6日、上がったクラスに不安を感じながらスイミングに行った娘でしたが、練習後はすっきりしたようでした。

せっかく新しく友達になった子とも早々に別のクラスになってしまったりでしたが、ターンの練習をしたりというのも新鮮で楽しかったようです。

今度、クロール50mを1分10秒以内で泳げるようになったら、一つクラスを飛ばしてさらに上に上がるということだとか。

それを目指して頑張ろうと言ったら娘もやる気になっていました。

不安だし友達と遊びたいから水泳を辞めたいというようなことを言ったりもしていたのですが、大丈夫になった感じです。

20人

5日月曜、娘のクラスは何と20人も休んだと。

今年はインフルエンザ大流行ではありますが、33人しかいないクラスで半分以上いないという。

ということで、これは学級閉鎖だなと思ったのですが、翌日も普通に学校だと。

今週は保育園の子供たちが1年生のところに見学に来たりするので、それもあるのかな?という感じです。

雪とかし

4日、まだまだ家の庭には雪が残っていたので、それを娘と一緒に溶かして遊びました。

昼前に水をまき、昼飯を食べ終えて広げて踏みつぶしてコミュニティーセンターの体育館へバスケをしにいき、帰ってきてまた溶かして。

これでようやく、ほとんど雪はないという状況に。

足の状態も問題なく、胃腸炎以来体調も悪くなく。

今年は氷点下になったり冬日がものすごく多くてという冬ですが、娘は頑丈で助かっています。

甘えまくり

3日、バスケの練習試合が終日ありました。

この日は6年生が全員揃い、娘は低学年戦のみでしたが、揃った6年生にいっぱい甘えられて、高学年戦に出れずとも楽しい日となったようで。

この日の試合のあと、5年以下の女子の保護者だけが呼ばれ、何事?と思いましたが、チームとしては人数はギリギリだけど、来期も大会登録をしたいが構わないですか?という話でした。

市の大会ではなく、地区の大きな大会で、ケガや病気で人数が揃わないと試合はできずTOのみやらねばならないうえ、遠い会場まで行かなくてはならないというのがあるのですが、親はみな反対せず。

3月には市の新人戦があり、4月にはその大会も。

娘はずっとバスケ漬けになりそうです。

男の子の家

2日、娘は仲の良い男の子の家に遊びに行きました。

この日は他の子が用事があり、その子と2人で遊んでいたのですが、そうやって男の子とでも楽しく遊べるのは娘の良いところで、おかげで遊ぶ相手がいないということはめったにありません。

担任からも「誰とでも仲良くできる子」という評価をもらっている娘。

そういう人として大切なことをしっかりと学校で学んでいるんだというのをすごく感じます。

別メニュー

2月1日、バスケの練習のときの後半、6年生が1年生にドリブルやジャンプシュートを個別に教えてくれました。

女子のキャプテンは娘は上と一緒の練習の方が良いんじゃない?と言ったのですが男子のキャプテンが1年は全員と強く推したので娘も1年生練習に参加。

娘にはこれが新鮮で楽しくて、一生懸命にやっていました。

6年生は今月に最後の大会があるので、一緒にできるのはあと少し。

1月に目標であった高学年戦に出ることができ、お世話になった大好きな6年生と試合が一緒にできて、こうやってバスケを教えてもらえて。

娘は本当に充実の時間をチームで過ごしています。

育つ場所

31日、娘の友達がきて家で遊んでいました。

普通ならば外で遊べと言うところですが、あまりの寒さと公園がまだ雪が残っているので仕方ないところです。

最近は、とりあえず自分の部屋に来るのが当たり前にな雰囲気で、みんなで普通に入ってきますが、まあ、子供を理由に仕事ができないとは言いたくないので許しています。

家は自分が仕事をする場所でもありますが、それ以前に娘が育つ場所だと小さいころから娘に言っていますし。

合格

30日、前日学校を休んだにもかかわらず、復活して学校に行き、夕方はスイミングへ。

この日、スイミングは検定だったのですが、娘はいきなり合格して一つ上の級へ。

そこからはタイムとかターンとかがあるというクラスになりました。

が、合格祝いにケーキを買って帰って来た娘は嬉しそうでもなく。

「わざと へたにして おちるようにすれば よかったよ」とか言っちゃったり。

レベルが上がることに対して不安があるようで。

なので、娘に「バスケで高学年戦でもさ、コーチはちゃんと見ていて大丈夫だと思うから試合に出すでしょ。それと同じで上のクラスでも大丈夫な子だけを合格にするんだよ」と説明してあげたら少し安心したようでした。

胃腸炎

29日、朝から妻が娘を病院へ連れて行き、思ったよりも早く帰ってきました。

理由は、インフルエンザではなく胃腸炎だったため、薬もないので診察だけで帰ってきたので。

もう熱も下がってきていて、インフルエンザでもなかったので、学校を休むのは1日ですみそうな。

お昼からはちゃんと食べて夜には復活していましたが、トイレで突然に娘が泣く声が。

どうしたのか聞いたら「げりだったよぉ」と。

これが娘にとって人生初の下痢だったのです。

その衝撃で泣いていましたが、これでお腹の中の悪い奴が出てってきっと完璧になるよと言ったらちょっと安心したようでした。

高熱

28日、日曜でしたが自分は朝から打ち合せがあり会社へ。

昼に、出掛けに頼まれていた娘の好きなハンバーガーを買って帰ってみると、娘はベッドに寝ていました。

朝元気に公園に遊びに行ったのですが、寒いと言って帰ってきたそうで。

熱はどんどん上がって39度台にまで上昇。

しかもおう吐も。

インフルエンザにかかってしまったんだろう…という感じで。

まあ、体力の限界まで試合をしていましたし、体育館は寒いのにそこに終日いるわけで仕方ないと言えば仕方ないのですが。

ほとんどこの日は何も食べずにただひたすらに療養していました。

6試合

27日は遠征での練習試合でした。

朝、雪がまだまだ残って凍っているので娘と妻はバスで駅に行きました。

見送って犬の散歩に行こうと思ったら、充電したまま忘れられているつまの携帯を発見。。。

ということで、自転車で急いで駅まで届けに行きました。

自転車を駅の近くの駐輪場に停めたのですが、そこが最初から料金がかかるとは知らず、小銭も持たずに行ったため歩いて帰る羽目になり、犬を連れて駅まで行き、カゴに犬を乗せて家に帰りで大いに疲れる朝でした。

夜、帰って来た娘はそんな自分よりもはるかに疲れているようでした。

この日も高学年の試合に出て、しかも2P連続で出たとか。その手前には低学年の試合にも出たり、男子の低学年にも出たりしたと。

合計で6試合ほど戦ってきたそうで。

でも、足の痛みは再発していないようなので、ちょっと安心です。

家遊び

26日もまだ先日の雪の影響で公園で遊べず。

なので、娘はクラスの男の子の家に遊びに行きました。

学校の裏で家からは少々離れている家なので、犬の散歩がてら迎えに行きました。

ちゃんと約束の16時半には家から出てきて、娘と近所に住んでいる娘の友達たちと一緒に帰ってきました。

ブーム

25日、夕飯のあと娘に「ハチ出している間に勉強しちゃいなよ」と言ったら「はっちゃん だしてるときは はっちゃんをあそんであげるじかんで べんきょうのためのじかんじゃないから」と返されました。

最近、娘の友達も八斗に慣れてきて、みんなでエサをあげたり一緒に散歩に行ったりで、娘の中では自慢の犬になっていて、遊んでやるのがブームになっているのです。

まあ、娘の言うことも正論なので、とりあえず犬と遊んでからということで勉強は後回しにしました。

作品展

24日、近所の芸術文化センターに市内の小学校の図工の作品で優秀なものが展示される作品展があり、見に行きました。

というのも、娘の作品も選ばれていたので。

冬に、和室の額に入れて飾ろうと言っていたのに良い出来なのでと言って返ってこなかったやつがこの作品展に出たのでした。

雪の中、妻はピラティスに歩いて行き、終わってから現地集合ということで、帰宅した娘と2人で雪がまだまだ残る道を歩いて行きました。

どの作品もすごいなというものばかりでしたが、娘のものもその中で見劣りすることもなく。

記念写真を撮ったりして楽しみました。

雪かき

23日、前日から降り続いた雪のせいで登校時間が10時に変更になりました。

なので、娘と一緒に朝っぱらから雪かきを。

妻も途中から出てきてみんなでやりました。

学校に行き、帰ってきたら今度はスイミング。

妻と娘は雪の中、歩いて行くことに。

水泳よりも往復の方が疲れる?と思うほどの雪でしたが、娘はちゃんと行きました。

22日、雪が降り、外で遊ぶことができないので帰宅後娘は友達の家に遊びに行きました。

本人は大丈夫とは言っていましたが、足にまた疲労がたまると再発の可能性もあるので、娘にとっては良かったかなとか思ったりもしました。

大丈夫

21日、朝から八斗を洗い、10時からは友達と遊びに。

足は大丈夫なようで、元気いっぱい午後も遊んできました。

足首を回すのとインソールで何とか回避できたようで、何よりです。

高学年戦

20日、朝から練習試合。

自分は娘の足を心配しつつ、娘は気にせずやる気満々で。

会場に付いたら6年生が少ない。

インフルエンザやケガなどで、低学年も出さないといけなさそうな人数で。。。

そんな中、女子の高学年戦がスタート。

って、いきなり1Pスタメンで娘が整列。

1年生でありながら、抜擢されちゃってました。

これが娘にとって初めての高学年戦。

12月の親子バスケでは5年以下のチームとしてメンバーに入り6年生と試合をしているので、まあ、どうにかできるとは思いつつ、足大丈夫かな?というのが心配でしたが。

娘がマークした相手は150cm台後半ぐらい?

娘は肩までも背がない状態でしたが、その子に得点を取らせることなく、オフェンスではもらったパスをワンタッチでつなぎ、1年生ながらに精一杯のプレーをしていました。

その後、低学年生を戦い。

自分は弁当を持参せず、お昼は家で食べることにしていて、帰って妻に娘が高学年の試合にも出てると伝え、午後は学校の広報委員の集まりがあったのですが、その前に妻も一緒に会場に。

が、試合時間が押していて、娘の高学年戦を見ぬまま会場を去り。。。

午後も娘は精一杯頑張っていました。

帰り道、「やっぱり 下でいろいろできても いみがないって よくわかったよ」と凄まじく前向きに捉えていました。

足首回し

19日、翌日が練習試合なので無理をしないようにと言っておきましたが、この日は公園に大勢が集まっての遊びとなり、やっぱり少しは騒いでしまったようで。。。

一応、ダッシュはせず、みんなで早歩き鬼ごっこなるものをしたとか言っていました。

いろいろと調べて、足首を柔らかくしたりマッサージしたりというのが良さそうだなと思ったので、この日からお風呂で前から持っていた足をマッサージできるゴムのやつを使って足を洗い、そのついでに足首を回すというのを娘は始めました。

これで良くなってくれれば良いのですが。

少し痛い

18日、バスケの練習が終わって、やっぱり少し足が痛いと。

しかも足首ではなく今度はかかとのようで。

ネットで調べた限りでは、原因は疲労っぽいので、とにかく無理はしないように、と伝えました。

が、子供が無理をしないというのは難しいことで。

なので、インソールなど含めて、できる限り衝撃などを軽減できるようにしてあげることにしました。

家で遊ぶ

17日、足首がまだ本調子ではなく、翌日が練習のため、この日は友達と一緒に家で遊びました。

が、大騒ぎ。

自分の仕事机の下に隠れて遊んだり、とあっちこっちに行っていました。

新しい友達

16日、この日スイミングで新しい友達ができたそうです。

この日からクラスをうつって来た子が話しかけてきてくれて、友達になったのだとか。

足首の痛みで走っていなかった娘は水泳で体を動かせてちょっとすっきりしたようでした。

両足首

15日、娘が両足首が痛いと言い出しました。

疲労がたまったせいなのだろうとは思いますが、念のために数日間は休み時間、遊ぶときも走ったり縄跳びをしないようにという約束をしました。

帰って来た娘に約束を守ったか聞いたら、ちゃんと守ったと。

休み時間は3学期の係である「よみきかせ」の練習をして校庭に行かず、公園でもブランコとかで遊んだと。

大きなことにならなきゃいいなと結構心配です。

メール

午前中、いつも遊んでいる友達がお兄ちゃんのサッカーの試合に行くために遊べず、珍しく家でのんびりとしていた娘。

なので、一緒にサッカーをしに公園へ行きました。

しかも自分はスパイクで。

スパイクはスパイクでもラグビースパイクですが。

年末に部屋を掃除していて、バッシュばかり2足置いてあるのが自分としてはなんだかしっくりこないので、ずっとしまってあったラグビーのスパイクを綺麗にして部屋に飾ることにしたのを見た娘が、スパイクを使っているのを見たいというので。

が、やっぱりアルミスタッドでは公園をほじくり返しまくってしまったので早々にトレーニングシューズに戻してとなりましたが。

家に帰ると妻が「メールがきて、午後暇なら一緒に遊びませんかだってよ」と、クラスの子の親からメールがあったことを娘に伝え、娘は当然快諾。

その子はバスケはやっていませんが、お姉ちゃんが6年生でバスケのキャプテンなので、メールでの連絡も簡単にできる相手なので、そんなふうに友達と約束したりもできるのです。

で、公園で一緒にその子と遊んでいたら従姉妹が自転車でふらりとやってきて、3人で遊び、おやつの時間に家に来て夕方まで一緒に遊び、その子の家まで送って行き、ついでにその子の家で少し遊んで。

この日の娘は、朝は一人で暇そうでしたが、結局大忙しな一日でした。

バスケ

13日、午後友達と遊んで、15時からバスケの自主練。

年が明けてバスケをやりたくてしょうがないようで、新しいバッシュも何度も履いているうちになじんできたようで良い動きをしていました。

連日…

12日、この日も寝坊。。。

7時に起きてました。

完全に冬休みのだらだらを引っ張っているような。

でもバスケのときとかはしっかり起きるんだよな、と思いつつ。。。

寝坊

11日、娘は思いっきり寝坊しました。

6時半に起きる約束なのですが、7時10分に起床。。。

大急ぎで準備して学校には間に合いました。

夕方はチームの練習。

パスが前よりもとても上手になってきました。

プレゼント

10日、クラスの友達に娘はおりけしをあげました。

8日に作ったのは友達にあげるためのもので、娘用のではなかったのです。

娘はその前に友達が作ってくれたおりけしを使っていて、そうやって友達がくれたのが嬉しくて、自身でも友達にあげたかったようで。

学校であげたりせず、放課後に一緒に遊ぶときに持って行って。

喜んでもらえたそうで、何よりでした。

遊び

9日、3学期開始の日。

帰りが早く、夕方のスイミングまで時間があったので、友達と遊び、ちゃんと時間に帰ってきてスイミングへ。

最近、泳ぎのコツをつかんだようで、すごく上手に泳げています。

おりけし

8日、冬休み最終日、クラスでもバスケでも一緒の子とこの日は遊びました。

その子の家で遊んでいたのですが約束の16時半になっても帰宅せず。

また約束破って何やってんだか…と思っていたら、その子とお母さんが娘を送ってきてくれてました。

おりけしを作っていて、完成が遅れたために帰宅できなかったと。

娘は嬉しそうに「600ワットで1ぷん20びょうで できるんだよ」とか教えてくれました。

ポイントガード

7日、前日に引き続き、この日もチームの練習がありました。

娘は夏ごろにはシューターかスモールフォワードがやりたいと言っていたのですが、今ではポイントガードになりたいと言っています。

確かに背も大きくないですし、長い目で見て正解ではないかと思いますが、もともとシューターもスモールフォワードも名前が格好良いという理由で言っていただけなので、ようやくバスケがわかってきたからなのだと思います。

練習のときの紅白戦では、この日は男子に惨敗。

最近、女子は個人のスキルが少しずつ伸びていて、その分みんながボールをもらいたがって寄ってしまうためにボロボロで。。。

まだまだ先は長そうですが、やりたいスタイルが見えてきただけでも良かったなと思っています。

ヘイヘイ

6日、チーム練習が再開。

新年の挨拶をコーチにちゃんとして、練習がスタート。

コーチも一緒になってレイアップをやっていたとき、コーチは娘の前の順番で、娘が続いてレイアップを打つときにゴール下で見ていて、娘が外すと「ヘイヘイ!」と娘に声を掛けてくれていました。

娘はそれが嬉しそうで、楽しく練習ができました。

紅白戦で娘は大活躍だったのですが、そんなことはあまり娘にとって大事ではなかったようで、帰り道に「こんどは コーチに ヘイヘイって いわれないように がんばるぞ」と気合を入れていました。

スポーツ三昧

5日、翌日からチームの練習が始まるので、お昼にコミュニティーセンターの体育館でバスケを軽くやることにしていましたが、朝、前日一緒にサッカーをしたクラスの子が家まで呼びに来てくれて、朝からサッカーをやることに。

早めに帰宅してお昼ご飯を食べて、12時から体育館でバスケを1時間ほど。

帰宅してすぐにまたその友人らとともにサッカーを16時半まで。

娘は1日中走り続けていました。

サッカー

4日、クラスの男の子たちと一緒に公園でサッカーを午前、午後やりました。

自分も一緒の遊んであげたのですが、クラスの子の4年生のお兄ちゃんやその友人、さらに5年生も一緒になって試合をやり、1年生チームが勝ちました。

と言っても、上の子たちが1年生が楽しめるように優しくやってくれたからですが。

おかげで娘はとても楽しくサッカーをしていました。

仮面ライダー

約1か月半ぶりにまとめて。。。

3日、妻の実家に帰省していた娘は、仮面ライダーの映画を見に行き、大きな神社によって帰宅。

屋台で広島焼を食べたがったりしたそうですが、食べさせてもらえなかったと不満を漏らしつつ、1泊2日の短い帰省を楽しんだようでした。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »