« チョコ配り | トップページ | まとめ② »

2018年5月 9日 (水)

まとめ①

1年生終わりから毎日カレンダーにはメモを残していましたがブログは書かず。

友達と遊ぶ日々になり、自分が見る時間が短くなり、同じ感じばっかりなので、日々更新しなくても良くなったなと思って。

なので、1年後半から2年の初めまでをテーマ別にまとめて書こうと思います。

まずはバスケのことから。

2月下旬、6年生最後となった市の公式戦。

予選リーグが3週目にあり、上位4チームでの決勝トーナメントが最終週。

娘はユニフォームはもらえずただ応援に行きました。

予選は男女とも夏には通過して決勝トーナメントに出ていたので、今回も勝てるだろうと思っていましたが、予選落ちという非常に残念な結果に。。。

娘は最後まで一生懸命に応援していました。

寒い中、外も真っ暗になっていて、最後の集合。

通常はユニフォームを持っている子たちだけが集まるのですが、娘はそこにも帯同。

コーチが泣きながら「勝たせてあげることができなくて、すみませんでした」と言っているのを見て、キャプテンやその他の6年生が泣いているのを見て。

その場で泣くことはありませんでしたが、家に着いたとたんに泣き出しました。

寂しくて悲しくて悔しくて。

「むこうで なくのは がまんしたんだよ」

と言いながら。

そんな娘に「コーチは泣いて悔しがるほど本気で教えてくれてるんだよ」

「だから大きな声を出してしっかり返事したりとか一生懸命になんでもやらなきゃいけないんだよ」

と教えました。

この1年で6年生にたくさん面倒をみてもらい、いっぱい甘えて、一生懸命に練習をして本当にいろいろな経験をしたと思います。

それから2週間後、チームでの送別会を行い、6年生とはお別れ。

そしてT.O.講習会に新チームとして参加しての対外試合を経験。

4月に入り2年生になってユニフォームをもらいました。

背番号は12番。

10人使わなくてはならない1P、2Pだけでなはく、ベストメンバーで臨む3P、4Pにも出させてもらったり。

初の公式戦となった地区大会ではあっさりと負けてしまいましたが、木曜日の練習などは昨年よりもみんな元気に大きな声を出して、娘も大きな声を出して頑張っています。

コミュニティーセンターの体育館で練習をしていたら、インターハイに出たという20代前半の女の人に「じょうずだね」と褒められ、「じょうずだから教えたくなっちゃった」と言いながらその人が娘にバスケを教えてくれたりも。

試合で積極的にボールをもらえるように頑張って動いて、強豪との低学年戦で初めてダブルチームを組まれて、ボールを奪われ、でも途中でそのダブルチームを崩し。

なんて感じで、どんどんうまくなっています。

高学年戦に出て、低学年戦にも出て、ゴールデンウィークも試合だらけでバスケ漬けの日々が続いています。

« チョコ配り | トップページ | まとめ② »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437402/73452393

この記事へのトラックバック一覧です: まとめ①:

« チョコ配り | トップページ | まとめ② »