カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2014年1月24日 (金)

気付けば・・・

今年ももう一ヶ月終わりそうな。。。

昨夜は21時から再出社でナレーション撮りとかして帰宅したのが0時過ぎ。

今日も夜、USTREAMの中継があるために帰宅は0時を超える感じ。

あれやこれや、やることだらけで、新事務所にともなう準備もずっと。

そんな中で娘のお迎えはいつも行ってたんですが、今日は、久しぶりに、というか今の保育園になってから初めて仕事の都合で妻に頼むことに。

明日は、父親の法事ですが時間的に行けない。

それはそれでナイーブなものでもなく、むしろ自分が父親となって昔の父親とダブる気がしたりします。

家の父親はすごい早起きな人だったんですが、自分も今は6時台とか早ければ4時台とかに起きて仕事したりも。

家族で旅行にとか父親がいた記憶はないぐらい父親は別で行動。

かといって疎遠かと言えば全くそんなことはなく。

自分はその辺はちょっと違って、日常は子供といる時間が妻よりも多いぐらいではあるものの、仕事というものに対しての時間の当て方は同じような気がします。

ものすごい無理というか、人としてという部分でのことを切れば明日は法事に行くことも可能。

なぜならば、明日は仕事ということではなく、新事務所の大家さんがリフォームに入るための引越し手伝いだから。

でも、その方はお母さんと二人暮らしだったんですが昨年お母さんが他界され、一人となるのでリフォームをして事務所として貸すことを決めたと。

それを事前から個人的に相談を受けていて、そのまま自分が借りるということに。

その人が一人で引越しというのは大変なこと。

しかも業社を頼むような距離に引っ越すものでもなく、さらには今度のリフォームにて事前に自分の使い勝手などの意向もすべてやってくれてる、ということを考えれば手伝うのが筋。

じゃあ、親の法事は?

これって別に一般論は関係ないなと。

自分の父親が今いたら、絶対に人としての道、仕事を優先しなと言うと思う。

むしろ、法事というきっかけがあり、今はなき存在が意識の中にしばらく存在して、その人だったらと考える。

そういう風に人の中に生きている事実の方が重要に思ったりも。

だから明日は法事に行かずにお手伝い。

変わりに妻と娘が行ってくれます。

って決めたとき、なんとなく父親に似ているのかも知れないな、と感じました。

2012年7月 6日 (金)

お気に入り

映画館での上映が終わり娘が大好きな地元商店街のPR動画をYoutubeにアップしました。

この曲に合わせて娘はいつも踊ってます。

笑顔、動き、曲、どこがどう気に入っているのかはわかりませんが。

商店街の人たちが考えたカットであったりということで、一般的なPRとは違いますが、同じものを作るということでみんなが仲良くなったということもあって違った意味で大きな価値があるものだったり。

スタバのような世界企業から個人のお店までが一緒になって楽しくやれる。そういう仕事をした上で、娘が気に入っている。

ある意味、そうそうない類の業務だなって思います。

http://youtu.be/SvUl4-5CIRk

2012年6月28日 (木)

8時間

昨日、娘を21時前に寝かしつけて5時過ぎに起床。

数ヶ月に一回ぐらいこんな風にまとめて寝る日があるんですが、毎度意図してではなく、疲れを感じてということでもなく、自然にそうなったりします。

だいたい、何かがひと段落していないとそうもならないですし、今はちょうど次のプロジェクトが動き始めたところで、昨日の段階で下準備が終わったところ。

たぶん、そこが休みどころなんだろうなぁなんて思って、そういうときの寝起きって結構リフレッシュできてて良い感じです。

2012年6月 2日 (土)

久しぶりに

今日は夕方から打ち合わせが入っていたために朝ちょこっとは会いましたが、帰宅後は娘と会わぬまま。妻とも朝しかあってませんが。

ということで、何も書くことがないので、仕事のことでも久しぶりに。

今日は、あんてるさんの花(主演は小木茂光さんと田中美里さん)という映画上映に際して、本編前の予告枠を利用して地元商店街がPR映像を流すので、その納品の話などをしてました。

で、結局は自分が作ったものだけでなく他の商店街の作品から本編まで含めた一本化の作業をすることに。

帰宅後はMacフォーマットのHDDでも預かってきたものをWindowsで作業するためにちょっと入り組んだデータ移行をやり、それでノイズなどが出ていないかを確認するために自室でリビングPCとなっているMac miniでテレビとフルサイズコンポの組み合わせで優雅に映画鑑賞。

とは言っても、仕事用にノイズがないかってことまでなのでかなりまじめに見てました。

映画自体が面白かったので一回目は苦にはなりませんでしたが、こういった作業を複数回行わなくては。。。

つまり同じ映画を短期間で何度もフルに目を凝らして見ると。

自分とこの色味や音レベルも再調整なので、地味に忙しそうな感じ。加えて個人用の映像もやっているので、目が疲れる日々が続きそうです。

2012年4月25日 (水)

赤と青

いつになく妻の話を。

最近、就職を考え学校に通い始めたんですが、2日目である今日、クラスメート各々が事業中に自己紹介ということになったそうです。

そこで妻の前職と同じ職業の女性がいて、終わってから2人でどの会社だったかということを話したそうですが、そのやり取りが面白いなぁと。

「外資?それとも国内?」

「国内だったらひょっとして”青”?」

「へぇ~そうなんだ、私は”赤”の関連だったんだけど」

…どんな用語っすか?

これでどの業界かわかったらたいしたものではないかと思います。

妻がその女性に

「なんで仕事変えようと?」

と聞いたら

「あの仕事って何も残らない仕事だから」

と言っていたそうで、妻も納得だったそうです。

ということで、赤と青、国内2大勢力があるその業界、普通にはさっぱりでしょうが、そういうやり取りができる人が学校にいて妻も少しはやりやすい?なんて思ってます。

2012年3月28日 (水)

最終回

こんなタイトルだと誤解を生みそうですが、別にこのブログを辞めるってことはありません。

ただ、PCや動画、仕事関連は今日で終わりにして、それはまた別のブログを立ち上げてという風にしようということです。

このブログはあくまでも仕事とは切り離したものにしようということで。

もう1つのブログは映像編集、特にビギナー向けにやろうかなと。

プロ向けに難しいこと書くのは疲れてしまうので。

ということで、今日はこっちのブログに仕事のことを書くのは最後です。

で、何があったかといえば、地元の音楽祭実行委員というやつに同僚が参加するってことで、老舗ライブハウスの女性社長さんが来社して色々と話をしました。

映像と音楽。特に自分はネットでのライツ関連で音には苦戦中ですので、実にありがたい存在の方だったり。

ミュージシャンの人たち含めて、今後新しい可能性が模索できそうな予感。

そんな話を全て名前を出さずに抽象的にっていうのもなかなか難しいので、別のブログに個々からの了承が得られる限りは実名で書いてこうと思ってます。

2012年3月15日 (木)

言葉

最近自社の事業整備に伴い、ホームページを4つまとめて作っていたのですが、その検索をお金を一切掛けずに自力で少しでも上げようとやっていて、まあ、そこそこな感じです。まだまだ勉強ですが。

自社の名前はヤマハのバイクが同じ名前で、会社名の後に地名を入れないとなかなか見つかりません。その地名を入れても以前は映画が同名のタイトルであったがために、会社のあるエリアの映画館が上だったり。

それがようやくトップに来ました。まあ、調べるというよりも知り合いが探しやすいってためだったりもするんですが。

で、そういえば自分のブログってどうだろう?と初めて「育父」という言葉で検索してみました。

結果、Google、Yahoo、bing、niftyでどれもトップ。まあ一般的な言葉じゃないので。

で、それ自体はたいしたことではなくて、その一連で見つけたものが「おっ」と思わず思わされました。

「育父」…育児とともに夫も父親として育てている母親の日記

最後が日記だったかブログだったか曖昧ですが、上手な使い方だなぁと感心しました。

人が何かを欲して何かを調べる。それがオンタイム、オンデマンドという形で手に入る。ネットのシンプルだけど良いところ。

そのときに使うべき言葉っていうのは普通でわかりやすくというのもひとつですが、テレビのようにマスを相手にする必要はなくて、狭いエリアを狙うってこともできるのがネットの強みだったり。

そう考えると、オリジナリティを持たせた言葉を上手に使うっていうのは大事かも。ただ、やり過ぎると誰も気付かぬ言葉になったり。

仕事でやるときは色々と考えつつですが、無責任なブログは本当に楽だなと改めて思ったりしています。

2012年3月13日 (火)

デジカメ

昨日のイベントで一般的なデジカメを渡され「資料写真撮っておいて」と頼まれました。

特に気にせず快諾してやってたんですが、実は一般的なカメラとか使うことがほとんどないので良くわかりません。。。

使ってみるとレンズの問題で撮ろうと思うとかなり厳しく、また俯瞰とか煽りの画が厳しくて。

日ごろ自分が使っている動画のデジタルビデオカメラと何が違うかと言うと、ワイコンとか付いてないから接写で寄り切れないとか、ロングのときにもズームのレベルが違うだとか、あと極めつけだったのがファインダーが上下左右に動かないこと。

動画だったら手を上に伸ばしてファインダーを回して下を向ければある程度の俯瞰は撮れますし、下から地面込みの煽りの画もしゃがんで手を地面につけておけば撮れます。

が、それがどうにもならないので、やむを得ず膝付いて寝転がって撮ったり、石でできた柵の上に行ったり。それでも足りないので先に角度決めてそのまま手を上に伸ばしてイメージだけで撮ったり。

かなり苦戦しました。

今日、そのデータをもらったんですが、最悪ではないものの納得できるものではなくて。。。

まあ、資料だというのだから勘弁してもらうしかないですね。

次回は自分の動画用持っていってそれで写真撮った方が良いかな。

2012年3月11日 (日)

読者

今、リビングに行ったら「読んであげてるよ」って妻に言われました。

その前に、「自社サイトをリニューアルしたので見てみてよ」と言ってあったのを誤解したのかと思ったら、そうではなくて、そこから久しぶりに自分のブログを読んでるとのこと。

最近始めたFacebookは全然やってませんが、ブログは地道に更新中なのでまとめて読むのも楽ではないでしょう。

ネットのものってテレビとは違って、「作ったらスタート」。テレビは「作れば終わり」。

最近の仕事ではその差をすごく感じます。

ただ、動画に関してはネットでも一応、作れば終わりというか、データはその後洗ったりはしていますが、そのものを組み替えなくてはということにはなっていません。

クライアントには視聴率とかが悪ければこちらの責任で無償で組み直すと言ってありますが、実際に視聴率が落ちてきてもいないですし、年末年始に作ったものはいまだに高いレベルで10分間見てもらえているので。

10分って本当に長くて、能動的なメディアと言われるインターネットにおいて、テレビのように受動的な時間を使ってもらうというために考えることはすごく多いです。

自分としては5割でも大満足ですが、現状8割が最後まで見ているというのは喜ばしいことです。

ブログはそれとは対照的に非常に狭い話を自分勝手に。だから更新もそんなに苦にはなってないというところ。

これが商用目的とかだったりしたら、作るために考えて、という作業ですから毎日なんてとても無理。。。

気ままなことを書いて、気の向いた人が見てくれる。そういうゆる~いのがやっぱり楽です。

2012年3月 9日 (金)

笑顔

昨日というか今日の朝5時前ぐらいに寝たんですが、9時前に娘の襲撃を受けました。

ちょうど妻が掃除をしているときで、一緒に2階へ来たようで寝室に登場。って、登場シーンは寝てて知りませんが。

枕元でキャッキャと騒いでいて、「何時?」なんて思いながら目を開けると真横に娘の笑顔が。

目と目が合った時点で二度寝は不可能な状況に。

一度は妻が「下に行くよ」と娘に声を掛けましたが、あっさりと拒否して寝室で自分にしまじろうのぬいぐるみを手渡して遊び続けて。。。

仕方ないのでそのまま起きることにして、ついでに最寄り駅まで食材の買出しに行って来ました。

この悪意が全くない襲撃が日常化してしまうと、明け方まで仕事という流れを断ち切らないといけなくなるような気がします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー