カテゴリー「育児」の記事

2017年6月18日 (日)

100本

ここのところ、週末のバスケの練習は高学年が公式戦に向けて練習するために低学年は練習なしになっています。

なので、昨日もコミュニティーセンターでやり、今日も朝一番、10時から1時間ほど練習。

さらにお昼ご飯を食べて、勉強道具をもって12時半過ぎに再びコミュニティーセンターへ。

30分ほど練習をして、2階の図書室の前の机で30分ほど勉強。

それが終わったところでまた体育館でバスケ。

最近は、フェイクから1対1で抜く練習とレイアップシュートをやっていて、チェンジオブペースも練習中。

徐々にレイアップシュートで無駄な力が入らない良い感じになって来たので、娘に「じゃあ10本中何本決まるかっていうゲームやろう」と提案しました。

娘は最初10本中0本。。。

しかし、それにめげずにどんどんチャレンジして、だいたい10本中3~4本決まるという感じでした。

それを10セット。

つまり100本やりました。

が、それで満足しない娘は、さらに30本程度やり。

1on1でシュートなどもやっていたので、1日で150~200本は打ったと思います。

しかも大人用のゴールで3割~4割の成功率。

子供用であればもっと高確率になるので、十分な感じです。

偶然

17日、土曜、お昼ご飯をスーパーの近くの喫茶店で食べることにして、お店に入ったら店員さんに声を掛けられました。

見たら、娘のクラスメイトでバスケも一緒にやっている男の子のお母さんでした。どうやらこの店でバイトをしているようで。

お昼を食べてスーパーでの買い物。

自分は娘が残したものまで食べてお腹いっぱい過ぎるので外で休憩。

出てきたら、保育園も小学校も一緒の女の子のお兄ちゃんとお父さんに店内で会ったと。

そして、夕方の八斗の散歩では、最初にクラスの男の子に会って、続いて女の子2人に会って、さらにもう一人クラスの男の子に会って。

一日で何人もの人に偶然出会う日となりました。

モチベーション

16日、午前中で仕事がひと段落したので、お昼ご飯のあと娘が帰ってくる14時半までの間に、これまで撮りためていたバスケのビデオを軽く編集しました。

それを娘が帰って来たところで見せてやり、テロップの文言を娘が決めて完成。

最初の何もできなくて、レイアップシュートはゴールに届かなくて、というのから始まり、今は試合でいろいろとできるようになったところまでを1年生の春としてまとめたのですが、ビデオを見ていると4月末からまだ1か月半ぐらいで、随分と上達していることが良くわかります。

それを見て、娘のバスケに対するモチベーションはさらにアップしていました。

3本

15日の木曜日、この日はバスケの練習日。

自分は送っていって途中まで見て帰ってきて八斗を連れてお迎えに。

自分が帰ってから、レイアップシュートの練習があったそうで、4つのゴールを周るというのだったそうですが、娘は3本決めたと言っていました。

もうすっかりとチームに溶け込み、頑張っています。

校庭開放

14日の水曜日。

毎週水曜日は学校では放課後に室内で遊べたり校庭開放をしていたり。

最近、それに積極的に参加している娘は、この日も帰ってきてすぐに学校へと向かいました。

自分は、朝と違って一人で歩いて行く後姿を見届けて、帰ってくる夕方はちょっと心配して。

でも、娘の方は全然へっちゃらで、元気に「ただいまー」と帰ってきて、どんな遊びを誰とやったのか楽しそうに話してくれて。

娘はもうすっかり小学生として一人でいろいろと取り組んでいるのですが、自分の方が小学生の親になり切れてません。。。

学童

13日、火曜日の夕方の八斗の散歩のとき、学童の前を通ったら、ちょうどクラスの男の子2人が帰るところでした。

一人はバスケも一緒にやっていてクラスの係も一緒の子。

もう一人は氷鬼をいつもやる仲間。

ということで、そこから一緒に彼らの家の方まで散歩をすることになりました。

学校裏の道を八斗と一緒にみんなでダッシュしたりして楽しんで。

保育園時代と違って、近隣エリアにみんな住んでいるので、娘は散歩で友達に会えるのが違った楽しみになっています。

家庭訪問

12日、月曜日、この日の午後、家庭訪問がありました。

昔と違って先生が家に上がることはなく、玄関先での立ち話。

娘はリビングで宿題をやっていて、自分と妻で先生と少しだけ話をしました。

先生いわく、娘はまじめだし、良いタイミングで返事をしてくれたり、みんなをまとめてくれたりという感じで、将来はリーダー的になってくれるんじゃないかと思ってる、とのこと。

まあ、みんなとは仲が良いのは確かですが、リーダー?なんて思いますが、学校ではそうなのかもしれません。

そんなとき、娘がリビングから宿題と一緒に赤ペンを持参して「まるつけ してよ」と出てきました。

どう見ても、先生がいるところで宿題しっかりやってますアピールじゃん、と思いつつ、まる付けしてあげました。

当然、それを見た先生は「帰ってすぐに宿題もやって、えらいわね」と。

先生が帰ってから、娘に聞いたら、やっぱり、先生がいる間に宿題終わらせてみてもらいたかったと。

そんなだから、先生としては娘を信頼してくれてるんでしょう。

まあ、別に悪いことではないので、それはそれで良いのですが、自分とは全く違う性格だなと感じました。

オープンキャンパス

11日、日曜日は自分が毎年やっているオープンキャンパスの日。

娘はこの日、昼からバスケの練習だったのですが、朝から午前中のみ参加するということで、バスケの荷物をもって7時半過ぎに大学へ自転車で一緒に向かいました。

顔見知りでみんな優しくしてくれる大学生に遊んでもらいつつ、あっという間にお昼に。

自分が編集をしている間に、娘は学生と早めのお昼を食べているということだったのですが、ゆったりと談笑しながら食べてて時間ギリギリ。

急かせて自転車で家の方に向かい、途中で妻と合流して娘は妻と一緒にバスケの練習へと行きました。

が、バスケの練習後、打ち上げに参加したいという理由で娘はもう一回大学に来ると。

妻が送ってきてくれて、そのまま夕方までまた大学で過ごしました。

しかし、この日の打ち上げは中止で、夏に盛大にやるということに。

娘はすごく残念がりつつ、学生に遊んでもらって夕方も存分に楽しんでいました。

帰ってから、この日の紅白戦をビデオで見たのですが、かなり良い動きをしていました。

前日、約束したことをきっちりとやって。

約束したのは、大きな声を出すことと必ずシュートを打つということ。

声は、パスを出す側であることが多かったためにそんなにできていませんでしたが、3年生の男子をかわしてシュートをするなど、思い切りの良い、元気なプレーをしていました。

115㎝しかないのに、なぜだかリバウンド取りまくりだったりも。

そんなに激しくやってきて、また大学に戻って来て。

いつになく、たくさん娘を褒めてやりました。

国語

10日、土曜日、妻と一緒に勉強をしていた娘でしたが、またしても問題を間違えたことに腹を立てて不機嫌に。。。

妻が説明してあげても辞書を片手にいい加減に聞き流していたので、自分が国語っていうのは何なのかという説明を八斗の散歩のときにしてあげました。

「国語ってさ、答えが問題の中にあるんだから、絵の間違い探しとかと同じだよ」

その表現が娘にはしっくり来たようで、納得してくれていました。

実際、娘が間違えるのは、問題文は一回読んだだけで、記憶を頼りに探しなおさないから。

なので、これで解決するんじゃないかなと思っています。

腹筋

9日、金曜日、学校で体力測定があったと娘が教えてくれました。

やったのは、反復横跳びと腹筋。

娘は反復横跳びは20秒で17回、腹筋は30秒で31回だったそうでした。

って、腹筋は1秒に1回以上?

信じがたい話だったのですが、娘が驚いている自分に「あしおさえてくれたら やってあげるよ」と言うので、実際にやってもらったら、思いっきりできていました。

完全に体育会系になりつつあるな、と改めて実感しました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー